今ふと気づいたんだが、兵庫県但馬地方(豊岡、城崎ほか)と京阪神を直通する列車は、同じ県内の神戸市よりも、大阪市および京都市発着列車のほうが多い。

豊岡・城崎温泉からは大阪・新大阪へ福知山線経由の特急<こうのとり>、京都へは山陰本線経由<きのさき>がそれぞれ発着している。<こうのとり>は7往復、<きのさき>は4往復で、287・289系電車で運転されている。

神戸市(神戸、三ノ宮)へは、<はまかぜ>が播但線経由大阪行きが1日3往復発着している。播但線の一部は非電化のためキハ189系使用だが、気動車の利点を生かし山陰本線城崎温泉以西の非電化区間へ進んで香住・浜坂そして鳥取まで乗り入れる。

すなわち、大阪へは福知山線経由と播但線経由の2ルートが存在、播但線経由のほうが距離が長い。ただし、和田山以西~大阪間を乗り通すとき、特急券の料金は距離の短い福知山線経由で計算することになっている。

福知山線経由<こうのとり>のほうが早いのに播但線経由の<はまかぜ>が存在する理由は、姫路や神戸への利便性確保のためで、兵庫県内優等列車としての使命を担っている。実際、<はまかぜ>は大阪駅発着の時点では空気輸送のことが多く、三ノ宮・神戸から客の出入りが見られる。<はまかぜ>の新大阪発着は無く、代わりに<こうのとり>が全て新大阪まで乗り入れている。

<はまかぜ>の魅力の一つは車窓から海の景色を楽しめることだろう。JR神戸線須磨-明石間付近で明石海峡と淡路島、城崎温泉以西の山陰本線では山陰海岸(日本海)の絶景が堪能できる。

福知山線経由の<こうのとり>も、実は少しだけ神戸市を掠る(道場駅付近)が、神戸市街地とは遠く離れた山あいのところにある。神戸市内へは三田で神戸電鉄、宝塚で阪急今津線・神戸線、もしくは尼崎でJR神戸線に乗り換える必要がある。尼崎は昔、基本的に各駅停車しか止まらなかったが、JR東西線開通後、新快速や<こうのとり>なども停車し、各方面への乗り換えの利便を図っている(<はまかぜ>は尼崎通過)。

このほか、豊岡-京都間には宮津線(京都丹後鉄道)経由の特急列車(豊岡-久美浜間各駅停車)も2往復運転されている。宮津線経由だと大半の区間が京都府内であり、丹後地域~京都市内を直通する役目を担っている。


本年4月に新設された【30A】号経路・<寝屋川市駅~電通大四條畷キャンパス>

運行経路は、

寝屋川市駅(東口)~電通大駅前キャンパス(東行きのみ停車)~初町~高宮口~市民体育館~イオンモール四條畷~中岡橋~忍ヶ丘駅口~東中野~四條畷小学校前~清滝~清滝橋~電通大四條畷キャンパス

で、2015年10月運行開始の【30】号・<寝屋川市駅~イオンモール四條畷>を延長したもの。

【30A】号は門真営業所が担当している(【30】号経路は交野営業所受け持ち)。

運行ダイヤは【30】【30A】が交互に毎時2本ずつ、寝屋川市駅~イオンモール四條畷間は合わせて15分間隔の発着パターンを形成している。「電通大駅前キャンパス」バス停には【30A】号の東行きのみ停車(【30】号経路は通過)、電通大の学生・関係者専用となっている。

同一経路でありながら、行先の違いによって担当営業所が綺麗に分かれているのもなかなか珍しい。【30A】号も交野営業所が担当するものかと思われていたが、車両運用ほかの事情なのか門真の担当となった。すなわち、門真営業所の運用が寝屋川市駅に進出したことになる(西口からの【14】号は門真の担当だったが、現在寝屋川営業所の担当)。

運用車両は【30】号と同様に大型車が基本となっているが、エアロスターのBタイプを見ることも多く、ほかにエアロミディ10.5m車、そして交野から転属したブルーリボンIIなども入る。門真に1台だけ配置された新エルガLV290(N-6259)は、【30A】には入らないようだ。やはり急勾配の清滝地区で力の弱い新エルガは難しいのだろうか?(終日利用客の多い高槻管内でも難があったようで、京田辺・交野に転出)。

今後の新車について、高槻と門真にはやはりエアロスターMP38が最適だろう。
逆に交野営業所はエアロスターとの縁が薄く、一時期大量配備されたこともあるが、結局他の営業所へ転出してしまう。2015年10月ダイヤ改正後の一時期、門真からBタイプ(B-1221?)が転入してきたが、やはり長く続かなかった。


観光客増加による京都市バスの混雑を緩和し、地下鉄に誘導する対策を検討している京都市交通局は、市バス1日乗車券の値上げ案を表明。

市バス一日券100円値上げへ 京都、混雑緩和で(京都新聞)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000021-kyt-bus_all

市バス一日乗車券は現行価格500円が来年3月より600円に値上げする予定。
その代わり、市バス・地下鉄一日乗車券は1,200円から900円に値下げするとしている。

バス一日乗車券は、市バス均一運賃区間拡大および京都バスでも利用可能となり、500円に据え置きのまま年々便利な一日乗車券となった。反面、インバウンドで外国人観光客の急増により京都市内はどこも人ごみ、市バスも混雑しやすく市民の足として快適に利用しづらいものとなっている。

そこで市バスの混雑緩和を目的に観光客を地下鉄に誘導するというわけだが、観光名所は地下鉄から離れていて、果たして効果があるかどうかは疑問だ。そもそも京都の地下鉄はあまり使い勝手が良くない。市バス・地下鉄一日乗車券の値下げは結構だが、もう少し高くても良いので他の私鉄(京阪・阪急・近鉄・叡電・嵐電)や民営バス(京阪バス、京阪京都交通ほか)も利用可能にしてほしい。

それと、京都市内バス路線の大幅な再編も必要だろう。
連接バスの導入なども考えられる。


大阪市営地下鉄谷町線(2号線)の終着駅・八尾南。

大阪市営交通でありながら、八尾南駅の所在地は八尾市だが、大阪市平野区との境界にあたるところ。

「大阪市じゃないのに八尾南に駅ができた」理由について、興味深い記事が本日アップされている。
http://osaka-subway.com/yaominami/

それによると、車庫(検車場)の設置とのトレードオフとのこと。
すなわち、「車庫用地が欲しい大阪市」と「都心直結の地下鉄が欲しい八尾市」との利害が一致したことがその理由。

同様の例は、同じ谷町線の北端部がある。
2駅が守口市に越境しており、現在の起点となっている大日駅は、八尾南と同様に検車場があるためだ。
大日駅からこの先、寝屋川を経て高槻まで延伸する構想もあったが、棚上げ状態となっている。

大日駅は大阪モノレールも乗り入れるようになって、イオンモールなども設置され守口市の玄関として発展しているのとは対照的に、他の鉄道線との接続のない南の八尾南駅は閑散としているようだ。過去に何度か所用で一つ手前の長吉に伺った機会に、少しばかり歩いて八尾南から乗って帰ったこともあるが、駅前に発着するバスの本数も多くなく、物寂しげな印象だった。

八尾南駅前には近鉄バス【70】【71】番<近鉄八尾駅前~JR八尾駅前~藤井寺駅>が発着している。本年3月までは久宝寺駅方面、および沼・太田循環が発着していたが、休止となっている。大阪市営地下鉄の駅にもかかわらず、大阪市営バスは乗り入れていない(大阪市外の布施駅や近鉄八尾へは足を伸ばしているのに→八尾市への直通は廃止)。

八尾南駅前付近には八尾空港がある。

八尾南から谷町線を藤井寺・富田林方面へ延伸する構想も上がっているが、北側の寝屋川・高槻延伸と同様、やはり実現の目処は立っていない。


くずはモール内の大手U系列のセレクトショップの接客について、少し不満に思うことがあります。

去年秋から何度かこのお店を訪れ、試着させていただいているのですが、どうも私はここの店長さんになめられているような気がしています。去年秋にはコートを探しに2度寄ってみたが、接客の満足度はどうも今一つ。

そして実は今日、スニーカーを見るために再び寄ってみたが、「どうしてスニーカーなの?」ときかれ、返答に困ってしまいました。客に対して詰問するような接客は有りなんでしょうか?? 

一般的にセレクトショップの接客は良いと言われていますが、店によっては満足な接客に出会えるとは限らないようです。

残念ながら、くずはモールのこのお店は、一流とは言えませんね。


久しぶりに昭和の頃の京阪バスについて書いてみたくなった。

今回は、香里団地管内の快速【1】号経路<枚方市駅~新香里>について。

運行経路は、

枚方市駅~(途中ノンストップ)~香里橋~藤田川~新香里

で、1982年頃まで運転されていた。

「京阪時刻表1982」の枚方市駅発バス時刻表によると、昼間時間帯に45分間隔で運行されていた。

実は私も香里団地の快速バスを見た記憶はあり、三菱ふそうBタイプ車(MR470、社番B-13??)で運用されることが多かったようだ。同じ香里団地エリアにおいて、交野管轄【10】号経路・釈尊寺団地線でも平日昼間に三菱Bタイプ車を見る機会が多かった(休日は京都定期観光に出張することが多かったらしい)。

快速便廃止後、香里団地のBタイプ車は主に貸切・波動用に使用されることが多くなる。
1986年には日野ブルーリボンP-HU235BA(B-3485)に置き換えられる。
Bタイプ車はかつて京都定期観光に使用することも前提としていて、1986年のB-3485あたりはメトロ窓・暖色の座席モケットなど路線・観光兼用車にふさわしく豪華仕様だった。その後、Bタイプ車が定期観光に入ることはなくなり、一般Aタイプと外観上は同じとなって車内グレードもダウンする。


本日の京阪電車は13000系関連のサプライズが2つ!

一つは13025Fが4連で宇治線の運用に入っていること。

もう一つは、なんと13024Fが13025Fの中間車1両を挿入して8連化!

13024Fの京都方先頭車には女性専用車両ステッカーまで貼付されており、近日中に特急運用に入る可能性がありますね。

13000系の8連営業運転は4連口(13001~07F)を2本連結して実現するものと思っていたが(デビュー当初、8連で試運転も行われた)、まさか7連口20番台編成に中間車1両を組み込むとは予想外でした。かつて、2600系30番台に半端車2905号を組み込んで8連運転したときのことを思い出します。

P6250004
本年春に運用開始した13025F




京都市と小浜(若狭地方)を結ぶバスは、ありそうで最近までなかった。

京都と小浜は古来から文化・経済面でのつながりが深く、両都市間を最短で結ぶ道路は国道162号線(高雄・京北・美山経由、周山街道)と国道367号線(大原・朽木経由、鯖街道)の2本がある。かなり昔、国鉄バスが162号線経由で運転されていた(→現在の西日本JRバス京都京北線)。一方、出町柳駅前と朽木(高島市)を国道367号線で結ぶ長距離バス(京都バス)が冬季を除く土曜・休日のみに運行されている。

京都・小浜間を結ぶ列車は、現在は運転されていないが、山陰本線園部-綾部間電化(1996年)までは、気動車急行「丹後」が小浜線に乗り入れていた(ただし、小浜線内は敦賀発の片道1本のみ「わかさ」→西舞鶴で宮津線からの「丹後」と連結、他は普通列車)。舞鶴線・小浜線電化後、特急「まいづる」が小浜まで臨時延長していた時期もあったが、取り止めとなっている。

現行の京都・小浜間高速バスは、京都交通(日本交通グループ)と西日本JRバスの共同で運行されている。走行経路は、京都縦貫道~舞鶴若狭道であり、西舞鶴・東舞鶴駅にも立ち寄り、かつての急行「丹後」と同様のルートだ。

大阪と小浜を結ぶ高速バスは、2003年から近鉄バス・福井鉄道バスの共同で運行されてきたが、2016年より大幅に減便され福井鉄道単独での運行となっている。


↑このページのトップヘ