京都市の行政区を見ると、地域的まとまりの実態と合わない例が目立つようだ。

特に東西方向に広がりすぎている伏見区。
伏見区の分区構想は昔からいろいろあるようだが、まず東山丘陵の東側、山科盆地の醍醐・小栗栖地区は地形的・文化的に山科区とのつながりが強く、あの地域は山科区に編入するほうが自然だろう。ほかに、宇治川左岸の向島地区、桂川右岸の久我・羽束師地区などは隣の市・町に編入するほうがまとまりが良さそうだ。

とにかく京都市は、縁辺部を中心に近隣市町村、地域によっては他府県へ越境編入するなど、行政区の再編が必要のようだ。市の境界が直線・直角を描いているところも目立つが、やはり人工的な不自然さを感じる。行政区の数と名称自体は現状のままとして、例えば、


伏見区醍醐・小栗栖地区→山科区に編入
伏見区醍醐一ノ切町~三ノ切町→滋賀県大津市に編入
伏見区向島地区→宇治市または久御山町に編入
伏見区淀地区→久御山町に編入、または新「淀町」に(八幡市飛び地も吸収合併)
伏見区久我地区→向日市に編入
伏見区羽束師地区&淀地区の一部(桂川右岸)→長岡京市に編入

南区久世地区→向日市に編入
南区吉祥院地区の一部(JR東海道本線より北側)→下京区に編入

中京区西ノ京地区→右京区に編入

北区杉坂・中川・小野地区→右京区に編入

右京区京北町&左京区花背・広河原地区→新「京北町」に
右京区嵯峨堀畑地区→亀岡市に編入

西京区大野原出灰地区→大阪府高槻市に編入

左京区岡崎・南禅寺地区→東山区に編入
左京区久多地区→滋賀県大津市に編入、または旧・朽木村と合わせて新「朽木町」に


京都市の現在の行政区構成が確立したのは、山科区・西京区の誕生した1976年(昭和51年)のこと。1970年代までの京都府・市政は非自民の共産党系が与党で、80年代以降全国的に広がった自民党中心の「オール与党」体制、そして現在の大阪府・市のなんでも「民営化」に熱心な維新系よりは、住民の立場に立って暮らし・教育・福祉に力を入れてはるかにマシだったかと思いきや(70年代は京都だけでなく大阪・東京など大都市圏を中心にいわば「革新自治体」が広がった。しかし、今では大都市圏ほど「保守化」傾向が顕著だ)、昭和の市町村合併の歴史を見ると、果たして昔からの地域的つながりの実情を重視していたかどうか疑問だ(平成の市町村合併はそれ以上に問題だらけの杜撰さが目立つ)。その中で、亀岡の南側、旧・南桑田郡樫田村の大阪府高槻市への越境編入は、京都における市町村再編の数少ない良い例だろう(あの故・蜷川虎三知事のもとにあって、京都市に近くて遠い陸の孤島状態の樫田村は芥川の大水害で苦しんでも満足な救援施策が得られず、村民全員高槻との合併を望んだことのようだ。もっとも当時の蜷川知事だけに責任を押し付けるのは酷で、明治期の廃藩置県にまで遡る必要がある)。あと、1980年代ごろ、八幡市の大阪府枚方市への越境合併を望む住民運動も熱心だったようだが・・・。


ちなみに、南丹市に吸収された美山町は、やはり茅葺の里・美山ブランドを守るべく「美山町」として独立するほうが理想的だろう。同じ丹波国・亀岡市の北側に位置してて「南丹市」というのも違和感がある。似たような地名・町名のある兵庫県側(「丹南篠山口」はドライバーに有名)も困惑していることだろう。南丹市の再編も望まれるところだ。やはり、

旧園部町・八木町→園部市
旧日吉町→日吉町
旧美山町→美山町

ぐらいが一番自然ではないか? あるいは、日吉町を新・京北町(旧・京北町+左京区花背・広河原)と合併するなら、同じ桂川上流域でつながっているので、まだ悪くないだろう。