高槻市営バス最果ての終点、杉生(すぎお)。

南北に細長い高槻市の山里、最北端にあたり、京都府亀岡市との境界もすぐそこです。

f0206711_041538.jpg

f0206711_044838.jpg

上の写真は亀岡方向、下の写真は高槻市街地方向のアングルです。

バスは、JR高槻駅北ゆきが平日・土曜ダイヤ3本、休日ダイヤ2本のみです。

杉生界隈を含む高槻市樫田(かしだ)地区は、もともと京都府南桑田郡でしたが、1950年代に大阪府高槻市に編入(つまり越境合併)。

f0206711_052866.jpg


この先、かつては府境を越境して亀岡市街地(山陰本線亀岡駅付近)まで高槻市営バスの路線があったが、1980年代初めに廃止されました。
それまで樫田方面へのバスは、山間部の入口にあたる原大橋折り返しのようでしたが、亀岡乗り入れ廃止と引き換えに、国鉄・JR高槻駅前から運行されるようになり、市街地への利便性は大きく向上したと言えます。

しかし、このような過疎の最果てへの路線も律儀に運行されていることを思えば、公営バスは住民の生活・福祉向上の役割を果たしているんだなぁ、と感心します。
というか、これぞ本来の公営交通のあり方でしょう。
実際、サービスが悪い(運賃が高い、運転が荒っぽい、接客態度が悪い、など)と評判の公営バス事業者もあるようだし、近年公営バスから撤退する(⇒民営化)政令都市も少なくありません。

その点で、高槻市は政令都市ではないものの、大阪・京都のちょうど中間に位置するベッドタウンで、団地・マンションや高級住宅街も多く、高槻駅前の商業施設も充実していて、市営バスの経営状況も安定堅調で恵まれていると言えます。
運賃も、山間部を除いて、均一210円と良心的な設定です。

http://naohiko.exblog.jp/20586521/