昭和~平成初期の頃の京阪バス車内放送(テープ放送)で使われていた曲です。
終点バス停のアナウンスの後にオルゴールで流れていました。
枚方市駅や京阪香里園、阪急・JR高槻など主要ターミナルの場合は、後年京都定期観光のCMに変わったものと記憶しています(平成7年ごろには英語アナウンスも追加)。

平成6~8年(1994~96年)に、各営業所単位で順次合成音声に機器更新、案内放送が一新されました。
合わせて車内運賃表示機も幕式からLEDデジタル式に取り替えられました。
ただし、全線均一運賃の香里団地営業所管内では、いち早く合成音声化されたものの、運賃表示機器は無く(アクリル板に固定表示)、平成12年(2000年)のスルッとKANSAI対応時にLEDデジタル機(12コマ表示)が取り付けられました。