岡山県の両備グループバスが本年9月~来年3月にかけて傘下2社78路線のうち赤字31路線の一斉廃止を打ち出しました。廃止路線は延べ113km、営業距離の22%に及びます。1日の平均乗客数は合計約5,600人で、地域住民の足への影響が懸念されます。

理由は、割安運賃を売り物にする八晃運輸(タクシー会社)が両備の数少ない黒字路線への参入を計画、国も認める見通しとなったことに抗議する、「実力行使」のためと言います。八晃運輸は昨年、両備の基幹路線である「西大寺線」への参入を国に申請。運賃は両備より30~55%安い設定だといいます。

赤字31路線を一斉廃止へ バス会社、規制緩和に抗議
https://www.asahi.com/articles/ASL285SDXL28PTIL02B.html?ref=livedoor

(2/9 追記)
両備HDが廃止届けを出した数時間後、中国運輸局から八晃のめぐりん西大寺線の認可がおりました!