京都~神戸間路線バス乗り継ぎは、大きく以下のルートが考えられます。

A)京都市内~久御山~松井山手~枚方市駅~JR茨木~石橋~西宮北口~神戸市内
B)京都市内~亀岡市内~豊能町・能勢町~川西市内~阪神尼崎~西宮~神戸市内


京都~神戸間といえば、国道171号・阪急京都線・旧西国街道沿線(淀川右岸)エリアのみで乗り継ぎ可能と思われるかもしれませんが、京都・大阪府境付近で路線が途切れているため意外に難しいです(1980年代ごろまでは御池~水無瀬間ロングランの阪急バスがあったし、その後も1997年まで水無瀬~茨木間が辛うじてつながっていたが)。

ここではB)の亀岡・豊能・能勢経由ルートを具体的に検討してみたいと思います。

1)【京都駅前】~(京阪京都交通2系統)~【亀岡駅前】~(京阪京都交通57・60系統)~【京都学園大学】~(亀岡市ふるさとバスF21・F22)~【神地(こうじ)】~(徒歩)~【牧】~(阪急バス126系統)~【西本町(池田市)】~(徒歩)~【川西バスターミナル(川西能勢口)】~(阪急バス56系統)~【阪神尼崎】【阪神尼崎南口】~(阪神バス尼崎芦屋線)~【阪神西宮】~(阪神バス西宮神戸線)~【阪神そごう前】

2)【京都駅前】~(京阪京都交通2系統)~【亀岡駅前】~(京阪京都交通34・59系統)~【運動公園ターミナル】~(亀岡市ふるさとバスF31・F33)~【広野】~(徒歩)~【豊中センター前(能勢町)】~(阪急バス77系統)~【山下駅前】~(阪急バス100系統)~【平野】~(阪急バス101系統)~【多田大橋】~(徒歩)~【けやき坂口】~(阪急バス清和台線)~【川西バスターミナル】~<以下1)に同じ>


2つ挙げてみましたが、難易度は1)よりも2)が高いです。

1)は国道423号線経由で、京都・大阪府境をまたぐバスはないが、府県境付近を徒歩で乗り継ぐことは可能。京都学園大学~神地間は本数が少ないほかは、少なくとも毎時1本あたりの本数があるので、さほど難しくないと思われます。池田~川西を結ぶバスもあるが、本数は少ないので徒歩で乗り継ぐほうが早いでしょう。阪神尼崎の阪急バスと阪神バス(尼崎芦屋線)はのりばが違うので注意。

2)は1)に比べ難易度ははるかに高いでしょう。亀岡市広野から府道54号線を南へ進むとすぐ大阪府能勢町に入り、ほどなくして阪急バス「豊中センター」バス停。能勢町なのになぜ豊中センターかといえば、豊中市野外活動センターがあるため。ここから山下駅前までのバスは概ね2時間ごとに発着。問題は山下駅前から川西バスターミナルへのルート。ここが一番の山場かもしれません。本数の多い清和台線(県道12号線)へ抜けるため、山下駅前~平野~多田大橋へと2本のバスを乗り継ぐわけだが、やはり本数は多くないので30~60分程度の徒歩で県道12号線へ抜けて乗り継ぐほうが早いかもしれません。