本年2月に新設された京阪バス津田香里線【15】号経路・<京阪香里園~星田駅>。

運行経路は、

京阪香里園~東香里~東香里病院前~高田~逢合橋~京阪交野市駅~星田北5丁目~星田4丁目~星田駅

で、運行ダイヤは昼間時間帯のみ40分間隔で運転(【14】号・<京阪香里園~津田駅>と交互に)されています。

今回、京阪香里園と星田駅を結ぶバスが初めて設定されたことになるが、私個人的にこの【15】号経路は星田北5丁目を通る星田・南星台循環【17C】【17D】号の代替として無理矢理でっちあげられた感じがして、今一つわかりにくいです。

まず、運賃区間について、全区間乗り通して2区260円。星田駅から乗車して逢合橋までは1区230円ですが、これより先、高田・東香里・香里園方面は2区260円となり、距離にして割高感があります。星田駅発着の【43】【43A】号経路・枚方市駅行きについても同様。ただ、星田駅の東側、「星田四丁目」から乗車すれば1区230円です。ちなみに、津田駅からの【14】号経路は、東香里病院前まで1区230円です。香里園・東香里・高田からの(直線)距離は津田駅よりも星田駅のほうが近いのですが。

京阪交野市駅~星田北5丁目間の走行経路も、実は【43】号経路とは異なっており、【43】号経路は逢合橋からR168バイパス~第二京阪バイパス~r20というルートなのに対して、【15】号経路(廃止された【17C】【17D】も)は逢合橋は通らず、直Q京都号と同じ第二京阪バイパス~r20となっています。

加えて、京阪交野市駅~星田駅間が40分間隔というのも、利用状況からして本数過剰と見えます。京阪香里園基準で20分間隔に揃えているがゆえですが、次のダイヤ改正で見直しの余地があるでしょう。

【19】号・<京阪交野市駅~住吉神社前~河内磐船駅>を交野市駅から星田北5丁目経由星田駅に延長、現【15】号経路は河内磐船駅行き(さくら丘住宅経由)に変更する。香里園~星田系統については、三井団地・ビバモール寝屋川・寝屋川団地経由が最適だと思います。