PA030005


1984年(昭和59年)当時の枚方・交野・寝屋川をはじめ北河内周辺について、思いつくままに書いてみたいと思いました。私個人的には、

○前年1983年12月京阪電車(大津線除く)の架線電圧1500Vに昇圧、6000系車両晴れ晴れデビュー & ローレル賞受賞、吊り掛け車全廃

○関西外大穂谷キャンパス開校、京阪バス「穂谷外大」乗り入れ開始

○国鉄片町線(→JR学研都市線)に103系冷房車続々転入

○京阪バスに中型スケルトン車両登場

といったところでしょうか?


京阪電車の架線電圧1500V化に合わせ、旧型吊り掛け車600・1300・1700系は全廃。1300系の天下だった交野線は2600系が主役となってしまい、冷房車に当たる確率は大幅に上がった反面、車両趣味的には面白みが半減しました。非冷房車1900系や1800系(2代目)も時々交野線の運用に入っていましたが、やはり600・1300・1700系が主役だった頃に比べたら・・・。しかし、今から思えば、非冷房時代の1900系や1800系ももっと味わって乗っておいたほうが良かったです。

ニューフェイスの6000系は京阪沿線住民に大きなインパクトを与えるほどの画期的スタイルでした。6000系は昇圧前1983年12月まで暫定的に4両編成として営業運用を行い、交野線にも入っていました。1500V化完了後、7連に組み直され、本線の急行・準急から普通、そして正月の臨時特急にも堂々たる姿で活躍、まさに京阪の新時代を迎えたと言えます。そして、その斬新的なスタイルから1984年夏にローレル賞を受賞しました。

2200系の車体更新工事も始まり、正面種別・行先幕が設置され、イメージはかなり変わりました。

枚方市駅高架化工事も進みつつあり、翌年1985年4月より樟葉急行の8連運用が始まりました。


枚方市東部の山間部、穂谷地区には関西外大穂谷キャンパスが開校。京阪バスが穂谷外大に乗り入れを開始、枚方尊延寺線の発展期を迎えます。数年後に杉山手・大阪国際大学への路線も新設されたり、新田辺-穂谷間の便数も増発するなど、かなり賑やかにはなるが、2018年4月の閉校(→御殿山キャンパスへ移転)後、路線・本数とも大幅に整理され、1984年以前に戻ったような感じです。

当時の京阪バスといえば、狭隘路線向けに中型車を始めて導入。直前まで投入していたモノコック車体(三菱ブルドック、日野RE・RC)に代わり、この時から角張ったスケルトン車となりました。また、1984年初頭にはモノコックの路線・観光兼用車(Bタイプ)がメトロ窓の豪華仕様となって枚方営業所に登場。翌年1985年2月には一般路線車の冷房化率100%を達成しました。

旧・京阪宇治交通も前年1983年に創業60周年を記念して、紫系のストライプ新塗装を導入。従前の緑系塗色から順次塗り替えられます。現在の京都京阪バスの一部車両にこの塗装が継承されており、本年秋までに消滅予定です。


国鉄片町線も、103系冷房車が京阪神緩行線から続々転属し非冷房101系を置き換え、冷房化率は大幅アップ。転属の過程で青色の103系も見られました。その後、1986年までに6両から7両に増強。非電化で残っていた長尾-木津間についても、同志社大学京田辺キャンパス開校に合わせ同志社前駅開業(1986年)、1989年に電化。快速電車の運転も本格的に始まり、長尾-大住間に松井山手駅(京田辺市)を開業、京阪電鉄グループの住宅地開発が始まり、今日に至ります。