京都市バスのユニークな路線系統を一つ紹介したいと思います。

【特南1】系統

京都市バスの【南x】系統といえば、伏見区内を中心とするブロック路線であり、主に横大路営業所が管轄しているが、 【南1】【特南1】系統については西京区の桂地区に乗り入れており、【西x】系統(洛西営業所管轄)の運行エリアに片足突っ込んでいるのが面白いです。実際には、西ブロック系統は阪急京都線以西、洛西ニュータウン方面の路線が大半で、南ブロックとはほとんど被っていませんが。【南1】【特南1】系統は、阪急桂駅東口からの発車で、南区の久世方面を結んでいます。

ここでは【特南1】系統のみに話を絞りたいと思います。【特南1】系統の運行経路は、

桂高校前~下桂~桂駅東口~自衛隊前~川島六ノ坪町~JR桂川駅前~中久世一丁目~中久世~下久世~久世殿城町~久世工業団地前

で、阪急京都線およびJR京都線と久世工業団地・桂高校を結ぶことに特化しています(【南1】系統は阪急桂駅と伏見区の竹田駅西口を結んでいる)。中久世~久世殿城町間はR171を走行。

運行ダイヤは平日・土曜の朝と夕方のみの合計5本(休日の運行無し)。担当営業所は2016年まで洛西営業所だったが、現在横大路営業所(阪急バス委託)が管轄しています。

西京区内に乗り入れている横大路営業所路線には、【特南1】【南1】系統のほか、【69】系統<桂駅東口~洛西口駅~四条大宮~二条駅西口>もあります。

【南x】系統の横大路以外管轄の例として、廃止された【南7】系統(竹田駅東口~醍醐車庫、醍醐営業所管轄)なども挙げられます。