昨年から幌・幌枠を付けていた京阪13002F(13002号)と13003F(13053号)ですが、外されました。

13002Fと13003F(いずれも4連)の2本をつないだ8両編成の営業運転が実現するのか注目されていましたが、結局実現しませんでした。 13003F+13002Fの8連は、2012年納車後の試運転時に現われたが、幌・幌枠はすぐ取り外され、専ら4連で活躍。

13000系の8連は、7連口(13021F~13027F)を組み替え、7連1編成に他編成の中間車を挟む方式が定着しています。今後もこの方式で行くことでしょう。

DSCN4194

DSCN4857

幌・枠付きのだった13053号と13002号
厳つい表情ですね