今日7月15日は、紀勢本線(亀山-和歌山市間、384.2km)全通60周年です。
これを記念して、紀勢本線と関連性のある写真をアップさせていただきました。


0219_001
国鉄時代末期の381系<くろしお> 天王寺駅にて

100131-05
紀勢本線電化後、和歌山口ローカルの主役として2012年まで活躍した113系


scan072
三重県側・非電化区間(東線)の普通列車で活躍していたキハ58系(1997年)

scan22
国鉄末期~2000年まで紀南ローカルの主として活躍した165系

P4050005
和歌山駅に停車中の和歌山線105系(左)と紀勢本線117系普通(右)(2007年)

DSCF0048
紀勢東線のクイーン、キハ85系特急<ワイドビュー南紀>
2022年ごろ新型車両に置き換えられる予定

DSCF0047
キハ58系引退後、東線ローカルに携わったキハ40系
キハ25系1000番台に置き換えられ引退

DSCF0036
JR発足後、いち早く東線ローカルに投入されたキハ11
これも300番台を除いて引退

P3230002
周参見駅を出発した105系新宮行き普通列車(2005年)

PC290001
御坊から分岐する紀州鉄道キハ600(2004年)

P1200001
湯浅駅(2005年)
湯浅は醤油の生産が盛んだ

DSCN3921
九鬼に停車中のキハ25系普通列車


P9200016
関西本線と紀勢本線が分岐する要衝・亀山駅
亀山は紀勢本線の正式の「起点」であり
JR東海・西日本の境界である
亀山-津間は優等列車のないローカル区間だ

P4050010
和歌山駅前(2007年)
今や南海和歌山市駅よりもJR和歌山駅前のほうが賑やかだ
左は和歌山県唯一の百貨店、近鉄百貨店(和歌山店)

P4180048
建て替え前の南海和歌山市駅ビル(2005年)
和歌山市駅にはJR紀勢本線も乗り入れており、ここが正式の「終点」
かつては南海から急行<きのくに>が乗り入れ、
和歌山市駅から亀山・名古屋方面への長距離客車列車も発着
現在、和歌山-和歌山市間は普通列車(227系1000番台)が行き来するだけのローカル区間


DSCN5081
289系の特急<くろしお>(2019年)
北陸新幹線開通で余剰となった683系を直流化改造したもの