DSCN6478

DSCN6479

奈良県最北端のバス停「傍示」(生駒市)。「傍示」は「ほうじ」と読みます。

近鉄富雄駅前・学研北生駒駅から主要地方道【枚方大和郡山線】(大阪・奈良r7)を辿ってきた奈良交通バスの終点です(土曜・休日は、ここから2つ先の「生駒北スポーツセンター」発着となる)。富雄駅行きが毎時1本の発車となっています。

傍示は、大阪府(交野市・枚方市)との境界に近い里山の集落です。近くにくろんど池があり、私市(交野市)からの府民の森・ハイキングコースのゴールとなっています。r7はこの先、北へ進むと生駒山系の峠を越え、交野市(倉治)を経て枚方に至るが、交野市区間の峠区間は狭隘路で道路状況が悪く、二輪通行禁止となる日(特に土曜・休日)もあります。枚方へは、ここから京阪奈墓地を経て穂谷(R307)への抜け道に入ることが奨励されています。穂谷からは京阪バス枚方市駅行きなどが発着しています。

DSCN6489
傍示付近に設置される案内標識
「枚方」が3つも表記されているが、R307マークの示す道が奨励ルート