DSCN6384a

茨木と千里ニュータウンを結ぶバスは、かつてはエキスポランド経由など複数の系統が存在したが、現在はメゾン千里丘線【57】系統が唯一となっています。

【57】系統の運行経路は、

JR茨木~下穂積~宇野辺~三保ヶ池~メゾン千里丘~吹田東高校前~山田樫切山~山田宮ノ前~山田市民体育館前~阪急山田~千里営業所前~津雲台7丁目~千里中央

JR茨木を発車すると、西駅前交差点(茨木郵便局前)を左折で主要地方道r14を南下。下穂積はイオンモール茨木前です。大阪中央環状線をアンダークロスし、宇野辺北交差点を右折すると、千里丘陵南側を少しジグザグな経路で辿ります。ちょうど茨木市と吹田市との境界にあたり、吹田市に入った瞬間、交通量の多い郊外道路の雰囲気から閑静な住宅街の風景に変わるのがわかるかと思われます。メゾン千里丘や千里丘北地区においては唯一の路線系統だけに、一定の利用はあるが、本数は毎時1本と少なく、運用車両も茨木・千里界隈では数少ない中型車使用(茨木営業所担当)となっています。ただし、吹田東高校前~千里中央間の区間便も高校登下校時間帯に数本設定されています。

吹田東高校のところの交差点で左折、【千里丘あおば通り】を南西に進みます。吹田東高校前の西側には名神吹田IC(中国道吹田JCTと併設)があり、物流会社も立地しています。名神をオーバークロスし、樫切山北交差点を直進するとカーブが多くなり、古い町並みの雰囲気に変わります。山田宮ノ前バス停は、伊射奈岐神社前です。私個人的に、このバス停の名前からは、枚方市山之上の山田神社(京阪バス「宮ノ前橋」)を連想します。

旧・中央環状線(大阪r2)との交差点で右折ののち、旧r2を北西に進路を取ります。ここから先は、JR千里丘・JR吹田と千里中央を結ぶバスも通るメインストリートとなります。阪急山田(阪急千里線、大阪モノレール)ロータリーに入ったのち、阪急バス千里営業所前を経て、豊中市に入り、終点・千里中央に至ります。一部に阪急山田止めの便もあります。