草津線を走った優等列車。

1978年10月ダイヤ改正の時点では、急行【志摩】(京都-鳥羽)、【くまの】(京都-紀伊勝浦)、【平安】(京都-名古屋) が各1往復ずつありました。運用車両はいずれもキハ58系気動車です。

中でも、【志摩】については、京阪神と伊勢を結ぶ優等列車としてなかなかの老舗であり、そのルーツは戦前の宇野・姫路-鳥羽間快速にあります。戦後もしばらく姫路-鳥羽間快速が奮闘、その後1960年代に準急【鳥羽】に格上げと同時に気動車化され、急行【志摩】に。【志摩】は2往復運転される時期もありました。

【くまの】は京都と東紀州(尾鷲・熊野・新宮)を結ぶ優等列車で、亀山-紀伊勝浦間は名古屋からの【紀州】と連結。

【平安】は観光地を結ぶ【志摩】【くまの】ほどの華やかさはなく、グリーン車連結無しだったが、旧・東海道に沿って名古屋と京都を結ぶ都市間列車で、三重県北部の桑名・四日市方面から京都への需要を意識したものと思われます。朝の京都行きと夕方の名古屋行きで1往復でした。名古屋-京都間は、東海道本線米原経由よりも、関西本線・草津線経由のほうが距離が短く、その分運賃は安くなります。柘植-名古屋間では、関西本線奈良方面からの【かすが】または【しらはま】に連結されました。1978年10月改正の時点では、上り名古屋行きは、大回り迷走ルートの【しらはま1号】(新宮→和歌山→高田→奈良→名古屋)と併結でした。

1980年3月電化開業の時点では、上記3つの急行列車は存続するが、同年10月改正で【くまの】が廃止。以降、【志摩】【平安】の2本建てとなります。

1985年3月ダイヤ改正で、【平安】は廃止されるが、代わりに【志摩】を1往復増発。同時に【志摩】のグリーン車連結は廃止されます。朝の京都行きと夕方の伊勢市行きは【平安】のスジを転用したものであり、桑名・四日市方面から京都への旅客に配慮したためか、柘植-亀山間では【かすが】と併結運転が行われました。

しかし、京都-伊勢志摩間には近鉄特急が毎時1本運転されて、スピード・本数・料金どれも勝負にならず、国鉄最後の1986年11月ダイヤ改正で全廃。以降、草津線に優等列車が運転されることはありませんでした。【志摩】が全廃となったのには、亀山駅にJR東海とJR西日本の境界が設置されることも理由として考えられます。仮に紀勢本線亀山-新宮間や参宮線などもJR西日本のエリアとなれば、【志摩】はもうしばらく存続するばかりか、大阪・神戸への延長運転もあったかもしれません。