先日、マスメディアでも話題になった京都駅発着【73】系統。

【73】系統は、京都バス・嵐山方面行き京都市バス・洛西ニュータウン行きの2系統が存在しており、しかものりばが近い場所にあるため、嵐山に向かう外国人観光客が市バス【73】系統に誤乗するケースが多発しているそうです。

ここでは、市バスの【73】系統についてレポートしたいと思います。

市バス【73】系統は、京都駅から五条通(国道9号線)を西へ進んで洛西ニュータウンを結ぶ路線系統で、主な停留所は、

京都駅前~烏丸五条~大宮五条~京都リサーチパーク前~西大路五条~西京極運動公園前~西大橋西詰~千代原口~国道中山~国道沓掛口~新林センター前~洛西バスターミナル

京都駅前~烏丸五条間は、京都バス【73】系統と並走する上、目的地の場所も同じ西京区内であるため(市バスの洛西ニュータウンとはかなり離れているが)、なおのこと乗り間違いが起きやすいですね。京都バス【73】系統のほうは、四条大宮・西大路三条・太秦天神川・太秦広隆寺前を回り、嵐山公園から松尾大社前を経て苔寺に行きます。

市バス【73】系統は洛西営業所管轄(近鉄バス委託)。阪急京都線・嵐山線の近くを通るが、阪急電車の駅前には乗り入れていません。

京都駅前と洛西ニュータウンを結ぶ路線系統としては、市バス【73】系統のほか、五条通経由の京阪京都交通、七条通~桂駅前経由の市バス【33】系統や京阪京都交通があります。七条通経由は狭隘区間があるものの、渋滞の多い五条通に比べて所要時間は短くなっています。