DSCN7610

最近、京阪2600系0番台先頭車に変化がありました。

貫通扉の渡り板が撤去されています。理由は不明ですが、もはや編成組み換えせず、そのまま現在の7両固定編成で使用するということでしょう。

2600系0番台には、旧2000系1次流用車が2両(Mc2624、Tc2818)残存しており、新造から60年を経過しました。老朽化も目立ち、今後の去就が気になります。