国鉄時代の面白い気動車急行をまた一つ紹介したいと思います。

山陰と九州を結ぶ【あきよし】。

運行経路・区間がとてもユニークなもので、

江津 ~浜田~(山口線経由)~博多
   浜田~(美祢線経由)~小倉~(日田彦山線経由)~日田~天ヶ瀬

(江津-浜田間普通列車)

なぜか、島根県の山陰本線から美祢線を経て日田彦山線・久大本線に入り、「西の軽井沢」・温泉街で知られる由布院(大分県)の手前、日田や天ヶ瀬を結んでいました。グリーン車無し・普通車オンリーのローカル急行ながら、片道の運行距離は310kmと地味に長く、気になる存在です。

当初、山口線経由博多行きも設定され、美祢線経由編成と浜田~益田間併結運転が行われました。山口線経由はのちに【つわの】として独立(→1980年10月1日廃止)。美祢線・日田彦山線経由編成は、1985年3月まで残るが、1980年10月改正で日田~天ヶ瀬間廃止および上りは益田止まりに。小郡機関区(広コリ)のキハ58系が使用されました。

1985年3月改正で、【ながと】に改称の上、浜田~下関・小倉間に短縮され、さらに美祢線経由は廃止(山陰本線経由に変更)。同改正で山陰本線下関口の優等列車は大幅に整理されました。新大阪~博多間ロングランの特急【まつかぜ】は米子以西の【いそかぜ】に短縮され、キハ80系食堂車連結の貫禄ある姿からキハ181系普通車4両の身軽な姿に変わり、格落ちした印象でした。鳥取・米子と北九州を結ぶ急行【さんべ】も1往復に減便されるとともに、グリーン車連結廃止、小倉折り返しのローカル急行に転落。その後、1997年までに【さんべ】【ながと】は全廃、【いそかぜ】も度重なる運行区間短縮を経て2005年に廃止されました。現在、山陰本線下関口(益田-幡生・下関)を走行する優等列車はありません。