以前、房総半島に存在した特急【すいごう】。

【すいごう】は1982年11月ダイヤ改正で登場。183系電車を使用、東京~ 佐原・銚子間(成田線経由)を結んでいましたが、他の房総特急に比べて影が薄く、あまり注目を浴びることはなかったように思います。しかし、それゆえに【すいごう】についてレポートしてみたくなるもの。

特急【すいごう】の前身は、急行【水郷】でした。房総地区主要幹線の電化完成後も、成田線経由の優等列車は急行(【水郷】【鹿島】)のみだったが、1982年11月ダイヤ改正で房総地区は特急に統一されました。成田線も例外ではありません。ただ、内房・外房線と異なり、観光・レジャースポットの少ない成田線沿線ゆえ、【すいごう】は運転本数が1日2往復と少なく、グリーン車なし、電車特急では珍しく非「L特急」でした。成田線の特急列車については、鹿島線鹿島神宮直通の【あやめ】もあるが、【あやめ】のほうが本数も多く存在感があります。なお、東京-銚子間は総武本線経由の【しおさい】が幅を利かしています。

【すいごう】は1985年ダイヤ改正より、末端区間の佐原-銚子間が普通列車に格下げ。その後も大きな変化はなかったと思われるが、高速道延伸整備に伴い利用客は減少する一方で、最終的に1往復に減便。そして、2004年には鹿島線直通の【あやめ】に統合され、列車名は消滅。

房総半島では、東京湾アクアライン開通後、全体的にJRの利用客減少傾向が強く、特に内房線【さざなみ】には信じ難いほどの大鉈を振るう始末です。さらに、成田空港特急増発と引き換えに、内房・外房方面の特急列車が京葉線経由に振り替えられ、千葉駅を通らなくなったことも、慢性的な利用客減の要因であると指摘されています。かつて、海水浴シーズンには全国各地から気動車を借り入れて大増発を奮い、電化後も平成初期までは夏ダイヤも特設されていたのに、ここまでの凋落ぶりとは・・・。