JRの特急【成田エクスプレス】新宿ルートについて、少しレポートしてみたいと思います。

【成田エクスプレス】の新宿ルートといえば、「東京駅と新宿を結ぶ在来線特急」として何気に有名。東京駅~新宿間のみの移動手段としては実用的とは言えないが、東京~名古屋~大阪間などを「在来線特急縛り」で乗車するときの選択肢として、重宝されているそうです。

【成田エクスプレス】は成田空港から成田線・総武快速線を経由するため、東京駅では総武・横須賀線ホーム(地下)に発着。空港から東京駅までは横浜・大船方面行きと新宿方面行きが併結運転されます。東京駅で両系統の分割作業が行われます。横浜・大船方面行きはそのまま横須賀線を走行するのでわかりやすいが、問題は新宿方面行きのルート。新宿行きは東京駅を発車後、品川駅までは横須賀線を走行、品川駅で湘南新宿ライン(埼京線、山手貨物線)に転線するというものです。配線の都合上、新宿方面行きは品川には止まりません。

新宿から先、池袋経由大宮行きのほか、一部は中央線の高尾にも乗り入れます。2019年3月以前は、富士急の河口湖まで臨時で直通運転が行われたが、定期特急【富士回遊】の設定に伴い、延長運転は休止となっています。