国鉄時代の美濃太田気動車区(名ミオ)。

美濃太田区の気動車たちは、高山本線をはじめ、太多線、樽見線(→樽見鉄道)、越美南線(→長良川鉄道)、明知線(→明智鉄道)など、岐阜県内のローカル各線を中心に活躍。関西本線亀山-名古屋間普通列車の一部も受け持っていました。

急行型気動車キハ58系も多く配置され、そのグループの一員であるキハ57形という少数派形式も、国鉄末期まで所属していました。キハ58系は名古屋を拠点に、高山本線の急行【のりくら】をはじめ、関西・紀勢本線の【紀州】【かすが】、そしてかの有名なロングラン【大社】で北陸・小浜・宮津線経由山陰本線出雲市までの広域運用をこなしました。急行間合い運用には、中央本線(中央西線)~太多線経由の普通列車運用もあり、美濃太田区への入出庫を兼ねていました。中央本線塩尻電化前は、中央本線~篠ノ井線・大糸線方面への【きそ】なども管轄。

1978年10月紀勢本線新宮電化直前の頃の運用範囲は、

東海道本線(名古屋-大阪)、高山本線(岐阜-富山)、樽見線(大垣-美濃神海)、越美南線(美濃太田-北濃)、中央本線(名古屋-中津川)、太多線(多治見-美濃太田)、明知線(恵那-明知)、関西本線(名古屋-亀山)、紀勢本線(亀山-和歌山)、阪和線(和歌山-天王寺)、北陸本線(米原-敦賀、金沢-富山)、小浜線・舞鶴線(敦賀-西舞鶴)、宮津線(西舞鶴-豊岡)、山陰本線(豊岡-出雲市)、大社線(出雲市-大社)

というところでしょうか・・・。

紀勢本線関連では【紀州】で紀伊半島一周して阪和線の天王寺まで足を伸ばし、折り返し【きのくに】で紀伊田辺まで戻る(翌日は紀伊田辺始発名古屋行き【紀州】に)という、今では考えられない運用があったようです。

1978年10月改正前は、大阪~高山本線の【たかやま】(大阪【ひだ】の前身)で大阪駅にも顔を出していました。【たかやま】は以降、宮原機関区(大ミハ)に持ち替えとなり、福知山線経由天橋立行き【丹波1・8号】と共通運用を組みます。

北陸・小浜・宮津・山陰経由【大社】の間合い運用に、中央本線名古屋-瑞浪間および大社線の普通列車運用に入っていたことも興味深いです。

また、1978年10月改正より、関西本線【かすが】(名古屋-奈良)の一部も担当(82年5月まで)。

明知線には急勾配に対応して2エンジン車キハ52が優先的に使用されました。