大阪シティバス【8】系統。

【8】系統は、大阪駅前を起点に

(御堂筋)→なんば→(四ツ橋筋)

の順路で大阪駅前に戻る路線系統。 大阪都心部を循環する数少ないな路線です。

主な停留所は、

大阪駅前→梅田新道→淀屋橋→本町→心斎橋筋一丁目→道頓堀橋→なんば→JR難波駅前→四ツ橋→信濃橋→肥後橋→堂島→桜橋→大阪駅

で、運行ダイヤは昼間時間帯を中心に毎時1~2本(土曜・日曜・休日は毎時2本)。運用車両は中津営業所の中型車が使用されます。

【8】系統は地下鉄御堂筋線および四つ橋線とほぼ完全に並行していることもあって、本数は少なめです。ただ、地下鉄利用だと階段やエレベーター等の昇り降りが面倒で、その点では地上道路からドア to ドアで気軽に乗り降りできるバスが快適と言えます。また、淀屋橋から高島屋やJR難波方面へ行くときなどはとても便利なので、重宝しています(本数が少ないのが難点ですが)。

かつて、これと同じ運行経路が【103】系統として運行されていました。15分ヘッドのダイヤが組まれ、運用車両も大型車だったように記憶しています。【103】系統時代は、大阪駅前発着便となんば発着便が交互に運行、前者は中津営業所、後者は九条営業所(廃止)がそれぞれ担当していました。

しかし、地下鉄と並行していることに加え、悪質な違法駐車、難波交差点や桜橋交差点付近での渋滞などで定時運行が難しく、運用見直し(本数削減、中型車化)の上で【8】系統として運行されることになりました。

大阪駅前となんばを結ぶ路線としては、【75】系統(なにわ筋経由)もあります。

なお、2020年3月より、大阪バスが御堂筋を走る一般路線を新たに運行開始しました。大阪駅前~心斎橋大丸前間の直行バスで、心斎橋での買い物や観光に重宝できますね。