滋賀県甲賀市にある「バスの駅」・近江土山駅。

近江土山は東海道49番目の宿場町として栄えました(48番目の宿駅は伊勢坂下)。

国道1号線(旧・東海道)沿いに設置され、もとは草津と三重県の亀山や湯ノ山温泉を結ぶ国鉄・JRバス亀草本線の重要拠点でした。鉄道の通らない町であり、国鉄自動車線の近江土山駅が旧・土山町の「国鉄駅」としての役割を担っていました。

現在、JRバスに代わり、甲賀市コミュニティバス(あいくるバス。運行会社は滋賀バス)が甲賀市内の旧土山町・甲賀町・水口町各方面(貴生川駅・甲賀駅・水口駅・大河原ほか)への路線を運行中。特に貴生川駅~(水口駅)~土山~大河原を結ぶ【土山本線】はJR草津線との接続を考慮し、毎時1~2本確保されています。

さらにユニークなものとしては、南草津土山線。新名神を走るコミュニティバスは珍しく、1日4往復が設定されています(学休日運休)。

近江土山駅からR1を大津方へ100mの地点に、土山地域市民センターとあいくるバスの車庫が併設されています。

あいバス土山地区路線図と時刻表は↓
http://www.city.koka.lg.jp/secure/21111/2020.4.1tsuchiyamabus.pdf


DSCN8201

DSCN8202