国鉄時代、大阪~東京間の気動車急行のみでの移動は、やろうと思えば可能でした。

1980年当時(10月ダイヤ改正以前)の時刻表より、大阪市内発東京(都区内)行きの「気動車急行縛り」の旅プランを幾つか挙げてみたいと思います。

ルールは原則として「一筆書き」、気動車急行以外の乗車は不可(「急行崩れ」の普通・快速のみOK)、とします。

【プラン1】
(1日目)
大阪      8:55 → 西舞鶴 11:53 711D【丹波1号】(福知山線経由)
西舞鶴   14:48 → 名古屋 18:40 402D【大社】  (小浜線・北陸本線経由)

または

天王寺     7:20 → 紀伊勝浦 12:13 302D【きのくに4号】
紀伊勝浦  12:35 → 名古屋  17:29 906D【紀州4号】(亀山経由)

または

大阪      8:55 → 福知山 11:12 711D【丹波1号】(福知山線経由)
福知山   12:40 → 京都  14:14 806D【白兎】
京都    16:14 → 名古屋 19:02 716D【平安】(草津線・関西本線経由)

(2日目)
名古屋   10:03 → 新潟   18:17 2801D【赤倉】
                   (中央本線・篠ノ井線・信越本線経由)

(3日目)
新潟     12:01 → 上野   19:06 1102D【いいで】(磐越西線・東北本線経由)

【プラン2】
(1~2日目)
大阪      8:55 → 西舞鶴 11:53 711D【丹波1号】(福知山線経由)
西舞鶴   14:48 → 岐阜  18:14 402D【大社】  (小浜線・北陸本線経由)
岐阜      0:20 → 富山    4:36 707D【のりくら9号】(高山本線経由)

または

天王寺     7:20 → 紀伊勝浦 12:13 302D【きのくに4号】
紀伊勝浦  12:35 → 名古屋  17:29 906D【紀州4号】(亀山経由)
名古屋   23:50 → 富山     4:36 707D【のりくら9号】(高山本線経由)

または

大阪      8:55 → 福知山 11:12 711D【丹波1号】(福知山線経由)
福知山   12:40 → 京都  14:14 806D【白兎】
京都    16:14 → 名古屋 19:02 716D【平安】(草津線・関西本線経由)
名古屋   23:50 → 富山    4:36 707D【のりくら9号】(高山本線経由)

(2日目)
富山    10:50 → 坂町   15:22 501D【しらゆき】
                   (北陸・信越・羽越本線経由)
坂町    15:31 → 仙台   20:52 614D【あさひ4号】
                   (米坂線・奥羽本線・仙山線経由)

(3日目)
仙台    07:01 → 郡山   09:10 912D【いわき2号・あがの2号】
                   (東北本線経由)
郡山    10:12 → 上野   15:43 328D~4314D【奥久慈4号】
                   (水郡線・常磐線経由)
                   (郡山~常陸大子間普通列車)


ポイントは、ロングラン【赤倉】または【しらゆき】を使うこと、および南東北を経由することですね。そのため、名古屋 or 岐阜、新潟、郡山は必ず通過しなければなりません

【プラン1】の変形版として、

【プラン1A】
(2日目)
名古屋   10:03 → 松本   13:10 2801D【赤倉】
                   (中央本線・篠ノ井線経由)
松本    14:05 → 糸魚川  17:07 4502D【白馬】(大糸線経由)

(3日目)
糸魚川     6:45 → 新潟   10:02 505D【ひめかわ】
                   (北陸・信越本線・越後線経由)
新潟     12:01 → 上野   19:06 1102D【いいで】
                   (磐越西線・東北本線経由)

も可能です。【白馬】【ひめかわ】という渋いローカル急行に乗るのも乙ですね。

あるいは、秋田まで【しらゆき】を乗り通して、奥羽本線経由上野行き【おが】に乗り継ぐ大回りルートも可能です。

大阪~名古屋間の最短乗り継ぎルートとしては、東海道本線経由

大阪     07:58 → 岐阜   10:22 4711D【たかやま】
岐阜     12:16 → 名古屋  12:42 714D  【のりくら4号】

もあるし、少し寄り道をするなら、

大阪     07:58 → 京都   08:30 4711D【たかやま】
京都     09:24 → 奈良   10:12 511D  【しらはま2号】(奈良線経由)
奈良     11:45 → 名古屋   14:19    4204D【かすが4号】(関西本線経由)

なども可能です(京都から草津線経由【志摩】もほぼ同時刻に発車するが、亀山では【かすが4号】まで待つことになる)。

名古屋行き【大社】もできれば豊岡から宮津線を回りたいもの。一部普通列車のみ乗車可能として、大阪発で豊岡から【大社】乗り継ぎが可能なルートは、

大阪     06:25 → 姫路   07:53 723M(東海道・山陽本線快速)
姫路     08:22 → 豊岡   10:17 611D【但馬1号】(播但線経由)
豊岡     12:55 → 名古屋  18:40 402D【大社】

あるいは、中国山地や山陰大回りルート

(1日目)
大阪    09:50 → 和田山  12:40 701D【だいせん1号】(福知山線経由)
和田山   13:55 → 姫路   15:14 614D【但馬4号】(播但線経由)
姫路    18:23 → 新見   21:55 4817D【みまさか5号】(姫新線経由)

(2日目)
新見    06:21 → 備後落合 07:26 811D【たいしゃく1号】(芸備線経由)
備後落合  10:41 → 米子   14:02 612D【ちどり2号】(木次線経由)

(3日目)
米子    09:17 → 名古屋  18:40 402D【大社】

もありですね。

1978年10月ダイヤ改正前の時点では、【大社】は金沢編成もあり、また大阪発北陸本線および中央西線経由の気動車急行も運行されていたので、さらに経路選択の自由度は高かったですね。

1973年の関西本線奈良-湊町(→JR難波)間電化開業前は、【かすが】が天王寺経由湊町まで乗り入れていたので、大阪市内から直接関西本線経由のルートも可能でした(【かすが】の奈良-湊町間は大半が普通・快速列車だったが)。また、ほぼ同じ時期まで、中央東線の【アルプス】なども気動車ゆえ、中央東線経由で新宿まで気動車急行に乗って行くこともできましたね。