南海バス河内天美線(【9】【9C】系統)について。

堺東駅前(南海高野線)と河内天美駅前(近鉄南大阪線)を地下鉄北花田駅前経由で結んでいます。

南海と近鉄を結ぶ南海バス路線としては、布忍線(堺駅前~河内松原駅前)があるが、河内天美線は布忍線とは経路が異なり、大阪府道12号【堺大和高田線】よりも北側の府道187号を東西方向に走ります。

主な停留所は、

堺東駅前~中向陽町~錦綾町~愛泉学園前~浅香~東浅香山町~地下鉄北花田駅前(イオンモール堺北花田)~北花田二丁~天美西~河内天美駅前

「浅香」バス停は、大阪シティバスにも同じ停留所があるが、大和川を隔てて離れているので注意(所在地は大阪市住吉区浅香1丁目)。南海バスの「浅香」バス停は堺市堺区(浅香山町)です。JR阪和線の「浅香」駅も堺市内にあり、南海バス「浅香」バス停から100m北です。南海高野線の「浅香山」駅も堺市ですね。

大和川を挟んで大阪市と堺市の両岸に「浅香」を冠する地名が存在するのは、かつて大和川の流路は現在と異なり、両岸は大阪城から南北に連なる上町台地として「陸続き」だったことを示唆しています。堺市内のJR阪和線・南海高野線の交点に「三国ヶ丘」という駅があるが、この付近がちょうど摂津・和泉・河内3国の境目だったようです。

北花田駅前のイオンモール(旧・ダイヤモンドモール)には、2017年まで阪急百貨店(北花田阪急)も入っていました。南大阪初の阪急百貨店ということで開店当初(2004年)は話題を集めるが、やはり御堂筋線1本で結ばれる梅田本店の求心力が大きいようで、撤退。

北花田駅前より河内松原駅前行き(【29】系統)も発着しています。

堺市から松原市に入り、終点・河内天美駅前です。

運行ダイヤは堺東駅前~河内天美駅前間を通して概ね毎時2本(30分間隔)。区間便として堺東駅前~地下鉄北花田駅前(【9C】系統)が設定されています。