京阪バス稲荷大社伏見醍醐線【6】【6A】号経路

醍醐バスターミナルと竹田駅西口・京都駅八条口を桃山南口・中書島経由で結ぶ路線です。 主な停留所は、

醍醐バスターミナル~石田駅~石田団地~新六地蔵橋~東町~桃山南口~観月橋北詰~京阪中書島~西大手筋~三栖公園前~油小路丹波橋・アクト京都前~パルスプラザ前~城南宮東口~竹田駅西口(【6】)~竹田出橋~青少年科学センター前~龍谷大学前~稲荷大社前~十条相深町(鳥羽街道駅)~十条駅~京都駅八条口(【6A】)

当系統の原型は、1997年地下鉄東西線開通時に【6】<醍醐バスターミナル~西大手筋>として新設。京都市バス【21】【南6】系統の代替であり、当初より伏見区東部の醍醐地区と同区中心部を結ぶ使命を有しています。その後、油小路通経由竹田駅西口まで延伸されます。そして2018年、伏見稲荷大社への外国人観光客急増の情勢を鑑みて、【6A】号経路として稲荷大社前を経て京都駅八条口まで延長され、かなりのロングラン路線が登場。

【6A】号経路は、地下鉄烏丸線竹田開通(1988年)前の京都市バス【56】系統(京都駅前~醍醐車庫、【南6】系統の前身)に類似していると言えるが、観月橋~京都駅(八条口)間の経路は現【6A】号経路と大きく異なります(現旧重複区間は稲荷大社前~龍谷大学前間。【56】系統は京都奈良線と同じルートだった)。なお、【6A】号経路は竹田駅西口を通りません。

竹田出橋・青少年科学センターには、【2】<醍醐バスターミナル~竹田駅東口>(勧修寺経由)も発着。【6A】号経路の新設に伴い、龍谷大学前・稲荷大社前を通る京阪バスが京都奈良線廃止(1996年)以来の復活となりました。

醍醐バスターミナル~京都駅八条口間は、新十条通(旧・阪神高速京都線)経由の【312】号経路のほうが早くて本数も多いです。

運行ダイヤは、2020年12月7日改定現在、【6】<醍醐バスターミナル~竹田駅西口>と【6A】<醍醐バスターミナル~京都駅八条口>が1時間ごとに交互運行です。改定前は【6A】号経路が毎時1本の運行でした。

運用管轄ももともと山科営業所担当だったが、【6A】号経路新設以降は洛南営業所に持ち替え。【2】号経路も同時に洛南営業所へ移管されました。