P8160007

能勢電3100系が来月引退と発表されました。

能勢電の3100系は1997年に4連1編成だけが登場。阪急3100系からそのままの形式ですが、車両番号は阪急時代の

3156-3604-3653-3106

から

3170-3620-3670-3120

に改番。正面にはステンレスの飾り帯が付けられ、非常用貫通扉も交換されるなど、スタイリッシュな姿になりました。

能勢電には現在7200系(旧・阪急7000系)を順次投入、老朽化の進む1700系を置き換えつつあります。まだ1700系が残る中、1編成だけの3100系引退が突然発表されました。3100系も製造から50年以上経過しており、いつ廃車になっても不思議ではないが、古い1700系よりも先に引退することになり驚きです。
 
画像の3100系は復刻「フルーツ牛乳色」(2009年)の時の姿です。運転室上の「おでこ」部分に車両番号が付いているはずですが、地の車体色と光線との加減のせいで(笑)。