国鉄電車特急の代表格、485系。

485系といえば、本州および九州の【はつかり】【ひばり】【ひたち】【白鳥】【雷鳥】【しおじ】【有明】【にちりん】などを思い出されることでしょう。 

485系は一時期、北海道でも活躍していた時期があります。酷寒冷地・北海道の仕様として485系1500番台が1974~75年に製造され、函館本線小樽-札幌-旭川間のL特急【いしかり】で運用開始。485系1500番台には床下機器箱に凍結防止用電熱ヒーターならびに粉雪侵入防止シート類などが新設され、テールライト(2灯外はめ式)が特徴的な顔立ちでした(竣工当初は標準タイプのテールライトだったが、雪で確認できなくなることから外はめ式に変更)。

同区間では711系電車使用の急行【かむい】、および札幌-旭川間ノンストップの【さちかぜ】が好評でした。L特急【いしかり】は【かむい】【さちかぜ】の後継列車としての期待を背負うことになるのですが、485系1500番台は冬場の北海道特有の極寒豪雪気候(零下10度以下の低温、乾燥した細かい雪質)に弱く故障が頻発、運休もざらだったようです。

この問題を改良すべく、北海道に適した新型特急車両の設計開発が進められ、1979~80年に781系が登場。さっそく【いしかり】に781系が運用されるようになるが、1980年10月千歳線・室蘭本線電化を機に東室蘭-札幌-旭川間の【ライラック】に生まれ変わり、L特急【いしかり】の名称はわずか5年ほどで消えることに。

485系1500番台は本州に転出することになり、全車青森運転所に転属。分割民営化時には全てJR東日本に継承されました。国鉄時代末期の一時期、モハ484・485ユニットは青森から関西の向日町に転属となり【雷鳥】で活躍するも、国鉄最後のダイヤ改正で上沼垂へ再転属、JR東日本の所属になりました。その後も、【雷鳥】【白鳥】などの日本海縦貫運用として遠路はるばる大阪まで足を伸ばしていたようで、北海道生まれの車両が定期列車で関西に来ていたとは感無量ですね(北海道での営業運用経験を有する本州以南の国鉄車両としてはキハ28・58などがあるが)。

北海道での485系としては、1988年青函トンネル貫通後、JR東日本の【はつかり】が函館まで姿を現すようになります。