大阪~京都間を結ぶ鉄道には、JR新幹線・東海道本線(JR京都線)・阪急・京阪の4つがあり、JR(新幹線を除く)・阪急・京阪は所要時間・スピード・運賃・快適さなどの輸送サービス面で凌ぎを削る激しい競合関係にあります。

どちらが有利なのかは一概に言えず、目的地にもよりけりで一長一短でしょう。スピード重視ならJRの新快速、運賃の安さでは阪急、所要時間のハンディはあるが快適さを求めるなら京阪特急を選ぶのが一般的でしょう(京阪特急にはプレミアムカーやダブルデッカーが連結されている!)。

京都市内の目的地も京都駅周辺ならJR、四条烏丸は阪急、四条河原町・祇園・東山エリアは阪急または京阪、洛北エリアへは京阪が便利です。四条烏丸や洛北方面へは京都駅から地下鉄(烏丸線)利用もかなり一般的のようです。

大阪~京都間の移動には、他にも可能なルートが幾つか存在します。その一つは近鉄(奈良線・京都線)。大阪側のターミナルはJR・阪急はキタの梅田なのに対して、近鉄はミナミのなんば(難波)(京阪はその中間の京橋・淀屋橋)。近鉄ルートは大和西大寺乗り換えのやや遠回りルートですが、意外に使えるようで、有料特急に乗るプレミアムな移動も可能です(うまくいけば伊勢志摩ライナーや「ひのとり」に乗ることもできる)。近鉄の京都側のターミナルはJRと同じ京都駅です。

* * * *

ここで意外な競合ルートを一つ挙げてみたいと思います。

対象区間は大阪日本橋~四条烏丸間。日本橋はなんばから東へ一駅目、黒門市場や「でんでんタウン」などで有名でしょう(「でんでんタウン」は堺筋線で南へ一つ先の「恵美須町」下車)。国立文楽劇場やなんばグランド花月・よしもと漫才劇場へも日本橋駅から徒歩数分の圏内で便利です。

日本橋~四条烏丸間の競合路線として、

1)大阪メトロ堺筋線~阪急千里線~京都線(烏丸駅下車) (48.6km)
2)近鉄奈良線~京都線~京都市営地下鉄烏丸線(竹田乗り換え、四条駅下車) (63.8km)


が存在します。堺筋線は阪急千里線・京都線に、烏丸線は近鉄京都線に乗り入れています。

運賃は

1)630円、2)1,160円

で、2)の近鉄ルートは距離が長い分、運賃もおよそ2倍ですね。

所要時間はどうでしょうか?

1)51分(淡路で特急乗り換え)、57分(高槻市で特急乗り換え)、73分(全区間準急に乗車)
2)84分(奈良線快速急行・京都線急行利用、竹田で烏丸線乗り換え)


と、やはり阪急ルートが早く、残念ながら近鉄を利用する実用上のメリットは感じられません。

阪急の準急・京都河原町行き(土休日限定)を乗り通す場合と比較すると、近鉄ルートも所要時間的にはいい勝負と言えます。それでもなお、高槻市以東各駅停車ではあるが「乗り換え無し」の阪急直通準急に分があると言えるでしょう。

近鉄を利用するメリットがあるとすれば、京都駅周辺や伏見区方面に用事があるときでしょうか。近鉄日本橋~京都間の運賃は960円と、やはり割高感はありますが。ただ、座席指定の有料特急を乗り継いで快適な移動を楽しむ考えもありで、石切付近から目の前に広がる大阪平野一望のパノラマ風景を楽しめるのも魅力と言えるでしょう。特急は日本橋には止まらないので、一つ隣の大阪上本町で乗り換える必要があります。

近鉄ルートの場合、阪神車(1000・9000系)+京都市交車(10系)のみの乗り継ぎパターンも可能です(大和西大寺から急行・国際会館行きに乗る場合のみ)。阪急ルートでは、大阪メトロ車(66系)は高槻市までの運転で、以遠は阪急車に乗り換えることになります。

阪急「烏丸」駅と地下鉄「四条」駅は、「四条烏丸」への駅名統一を望まれるところでしょう。