カテゴリ:京阪バスグループ > 京阪バス(枚方市北部・東部地区 - 出屋敷・招提・長尾・穂谷)


京田辺営業所の車両は2018年4月1日ダイヤ改正まで、枚方市駅南口に乗り入れていました。

京田辺車が枚方市駅運用に初めて就いたのは2009年11月(直Q京都号運行開始と同日)。枚方営業所管轄の枚方尊延寺線の一部系統、および津田サイエンス線を京田辺に移管しました。枚方尊延寺線は東部の長尾駅・津田駅~穂谷および穂谷~新田辺系統を中心に、枚方市駅発着運用(【63】【64】【70】【71】【72】【78】号経路および【穂谷外大直通】)の一部も京田辺担当に変わりました(翌年9月、樟葉長尾線も基本的に京田辺担当に移管)。

しかし、2018年3月関西外大穂谷キャンパス閉校に伴い、枚方尊延寺線の系統再編および減便が実施され、京田辺車の枚方市駅運用は消滅(枚方尊延寺線は、松井山手~長尾駅~新田辺系統のみ京田辺、他は枚方営業所と分担)。合わせて津田サイエンス線は全便交野営業所に移管されました。

DSC_0008
J-BUSワンステップ車 W-3859
枚方営業所から転属 現在このタイプの車両はあまり見かけなくなった

DSC_0015
ブルーリボンシティW-3831
2014年交野営業所から転属するが、2年ほどで枚方に転属
現在、京田辺営業所にはブルーリボンティW-3840が配置

P1070100
N-6264 夕方の【78】天王行きの発車を待つ

 P7260005
N-3875 15時台の【78】天王行き仕度中
前のHRロング(香里団地所属)も過去のものに

DSCF0009
京田辺オンリーワンの幕車 W-3787
【71】穂谷外大経由穂谷行きの発車待ち
背後の枚方近鉄は2012年閉店


京阪バス枚方営業所管内の短距離路線の一つ、出屋敷線【11】号経路。

枚方市駅と小松団地を結ぶ路線で、主な停留所は

枚方市駅(北口)~禁野口~市立ひらかた病院前~中宮住宅前~中宮北口~外大西門~小松団地

出屋敷線の一つの支線(枝)系統であり、もともと小松製作所大阪工場への通勤客・関係者向けの路線系統としての役割を持っていました。

現ダイヤでは毎時1本運行されているが、運行距離が短い(2.7km、所要時間9分)ことや枚方市駅~中宮住宅前間は総本数が多いゆえか、【11】号経路自体の利用客は他系統に比べ少ないです。

2021年3月13日ダイヤ改定で2時間毎に減便される予定です。 同改定では【13】号<枚方市駅~片鉾・中央図書館~小倉町>と交互運行(すなわち【13】号経路も2時間毎)のダイヤに変更されます。


京阪バス京田辺所属のブルーリボンシティ・W-3840が今週、関西外大中宮キャンパスのシャトル運用に入ったと、Twitterで報告されています。

京田辺営業所は2018年4月まで枚方尊延寺線関連で枚方市駅(南口)までの運用も持っていたが、関西外大穂谷(学研都市)キャンパス閉校に伴い、廃止されました。 今回、外大中宮キャンパスシャトルとして枚方市駅北口に京田辺車が姿を現したことは地味に驚きです。



京阪バス津田サイエンス線。

枚方市津田山手・くにみ坂・サイエンスヒルズへのバス路線が開通したのは2005年でした。住宅地開発が進み地域の人口増加が見込めることから、津田駅東口を拠点に、循環路線が小型車で運用開始。津田山手には天然温泉スパバレイ枚方南もオープンし、人気スポットとなります。運行開始当初、枚方営業所の担当だったが、2009年京田辺営業所に移管されました。

その後、第二京阪学研枚方東-門真間開通および周辺道路の整備に伴い、また津田サイエンスにおける府立北大阪技術専門校の開校に合わせ、津田サイエンス線に梃入れが行われます。

2013年春、交野市の河内磐船駅を起点に津田サイエンス地区への路線を拡充(その下準備として2012年6月、交野警察署開署に合わせ交野市青山地区への乗り入れ開始。【9C】香里園~交野市駅~倉治~交野警察署前~河内磐船駅系統を新設)。京田辺に加え交野営業所の大型車も充当されるようになります(該当系統は【4】【4A】【5】号経路)。なお、津田駅東口経由の便については小型車の限定運用であり、土休日は全て小型車での運用でした(土休日ダイヤは全便京田辺管轄)。

従来交野営業所の担当だった【17A】号経路(津田駅~交野市駅~河内磐船駅)のうち、平日朝1便の河内磐船行きのみ京田辺の担当に変更され、津田サイエンス線の回送を兼ねていました。

このダイヤ改正と同時に、津田駅・河内磐船駅を中心エリアとする「津田・磐船地区」定期が新設され、津田サイエンスも範囲に含まれています。

2013~14年が津田サイエンス線の「最盛期」だったと言えるでしょう。

転機は2014年9月。京田辺営業所の津田サイエンス線での大型車運用は撤退、以降小型車のみに(京田辺・交野両管内において部分的に路線ダイヤ変更が実施され、津田サイエンス線のほか、淀長岡京線の時刻変更、および香里団地線【13】号経路の新設などを実施。京田辺担当の【17A】号経路は交野に復帰)。京田辺の小型車は2014年当時、津田サイエンス線や松井山手・東ローズ線に加え、京阪シティバス(廃止)から復帰して迎えた淀山崎線・京都南部線などの運用も持ち、遠く淀・大山崎・京都駅八条口まで足を伸ばし、緑色の京阪宇治交通引継車(U-1151)も所属していました。

津田サイエンス線は以降、年々減便を重ねるようになり、特に土休日は2時間以上バスが来ない時間帯も発生。

そして2018年春、関西外大穂谷キャンパス閉校に伴う路線再編などに合わせ、津田サイエンス線は小型車運用を含め全便交野営業所に移管されました。寝屋川音羽町線(「タウンくる」)も同時に寝屋川営業所から交野に移管され、津田サイエンス線と共通の小型車運用に。バス空白地帯の枚方市春日地区へ試験的に【11】号(京阪交野市駅~津田駅)も新設され、サイエンス線の回送も兼ねて小型車で運用されるが、利用状況は芳しくなく1年余りで廃止に。

2020年10月ダイヤ改定では、津田サイエンス線は土休日運休になりました。東中振線・山之上線(香里団地営業所管轄)まで交野営業所に移管され、津田サイエンス線・寝屋川音羽町線と共通で使用されています。

私個人的に、枚方市駅~大阪国際大学・穂谷方面行き系統を津田山手地区に乗り入れることはできないものかと思っています。


P6280006

京阪バス枚方営業所に所属する中型10.5m車(長尺車)。

2002年夏、先陣を切って枚方営業所に日野HR10.5m車が配置されました。枚方(営)の10.5m車は日野HRのほうが多いが、三菱MKも1~2台配置され、ともにノンステップ化促進への立役者として重宝されました。

中型長尺は、主に利用客の少ない招提線【38】号経路や樟葉長尾線、また樟葉八幡線(【32】号経路)などで運用されてきましたが、2003~05年の一時期、大型車と同じ扱いで出屋敷線や枚方尊延寺線の運用に入る姿も時々見られました。

その後、ブルーリボンII・ノンステップ車が大量導入されることにより、中型長尺車は脇に追いやられ、どの営業所でも収容力や走行馬力の観点から使いづらく中途半端な存在と化しているようですね。また、八幡地区の男山営業所への移管、樟葉長尾線の京田辺営業所移管に伴う転出もあり、枚方の中型長尺は数台残るのみとなり、招提線【38】号経路や出屋敷線【23】号経路など限られた路線で地味に働き続けることに。

中型長尺も導入から10数年経過し代替の時期を迎えるが、同タイプの後継車種が製造中止になっているそうで、既に大型LV290またはKV290などに置き換えられつつあります。このほど、最後まで残ったKK-HRの1台(N-3140)が洛南からのN-3902(ブルーリボンII)転属で引退。枚方に残る中型長尺はN-1101・3141・3143・3144のみとなりました。

ここで気になること。本来なら大型新車の招提線【38】号経路運用があってもよいはずですが、なかなか大型車が入る気配もなく、残る中型長尺(前述)と中型車9m車(エアロミディ)で回しているようです。もともと利用客の少ない路線なので中型車でも何とか賄えるという判断でしょう。しばらくは残った中型長尺の転属で回すものと見られます。近いうちに、交野営業所から中型長尺最終期のPA-MKが転属してくるかもしれません(既にN-1110が京田辺へ転属)。



「ムカつく行き先」ブームに便乗して、京阪バス出屋敷線【19】号経路をレポートしてみました。

【19】号経路は枚方市駅~長尾口間を関西外大・出屋敷・既製服団地経由で結んでいます。長尾口からあと一つでJR長尾駅(【20】【25】【27】【29】号経路)なのに、なぜか長尾口折り返しの便が設定されているんですね。

この【19】号経路は以前、もう少し手前の「既製服団地」(枚方市長尾谷町1丁目)で折り返しでした。それが長尾口まで延長される形ですが、なぜ長尾駅まで行かないんだ、と思う方もいることでしょう。

私個人的に、改築前の長尾駅バス広場が狭くて余裕がないためではないか、と思っていました。もともと長尾駅から発着するバスの本数は少なかったが、周辺地域の開発に応じて松井山手や北山・家具団地・摂南大学方面への路線が相次いで新設され、発着本数も増加、バスループの拡大が望まれるところでした。現バス広場は2014年より供用開始となるが、今もなお長尾口折り返し(【19】号経路)は残っていますね。 

単に長尾駅前のスペースの問題だけではなさそうです。ただでさえ、長尾駅前横の道路(府道736号線)は渋滞が常態化しており、さらに「長尾口」交差点から東(杉・穂谷方面)へ分岐する府道17号線はすぐ手前にJRの踏切も控え、バスの走行に苦労するところでしょう。

長尾口折り返しの便は、その後回送車に変わって府道736号線を藤阪方面へ南下し、JR藤阪駅前の交差点を右折で西へ向かい、枚方車庫に入庫するそうです。

なお、【19】号経路には「深夜バス」もあります。


先週末、枚方市駅北口にてブルーリボンシティが集結していました。

関西外大シャトルバスの運用に総動員中でした。交野から転属したW-3847も稼動していました。

ブルーリボンシティが複数台並ぶ光景も、そう見れるものではありませんね。

PB140006a
この秋、交野から転属したW-3847

PB140009
ブルシチ2台とブルーリボンII・Wタイプ車の並びも
なかなかお目にかかれるものではない

PB140012
W-3850


P9060013

京阪バス、エアロミディ10.5m車・N-1101が2020年9月現在、枚方営業所に健在です。
N-1101は高槻営業所生え抜きだったが、ここ2・3年の間、枚方営業所に転属。
招提線【38】号経路を中心に運用されているが、置き換えられるのも時間の問題でしょう。

枚方の中型10.5m車にはN-1101のほか、レインボーN-3140・3141・3143が残っているが、代替車が気になるところです。

ちなみに、高槻のエアロミディ10.5m車は、この夏新車LV290(N-6323、6327~6329)に置き換えられました。
 


京阪バス枚方尊延寺線【61】号経路。

枚方市駅南口と星ヶ丘医療センター(旧・星ヶ丘病院=星ヶ丘厚生年金病院)を結ぶ短距離(2.1km)の路線です。 枚方市駅~中宮間は津田・長尾・穂谷方面行き系統と同じルート・停留所を辿って、大阪精神医療センター前の交差点(「宮之阪3丁目東」)で分かれて南へ入ります。谷間に下り、国道1号(枚方バイパス)の下を潜り抜けたところで左折、医療センター内のアプローチ坂道を上り、病院玄関前(終点)に到着。医療センターには枚方バイパスから直接入れるようになっています。

運行ダイヤは平日40分間隔、土休日60分間隔。枚方市駅では南4番のりばからの発車で、他の津田・長尾・穂谷方面行きとはのりばが異なります。

【61】号経路は旧・【13】号経路でした。2001年ごろまでは、もう一歩さらに南へ進み、「星ヶ丘」バス停(枚方市星丘4丁目)まで運行されていました。京阪交野線「星ヶ丘」駅から東へ500mほど離れた場所にあります。

旧・「星ヶ丘」バス停から先、桜丘町・村野高見台の住宅地内へのバス乗り入れも望まれるところですが、狭くて見通しの悪い一方通行路を抱えることもあり、仮に実現するとなれば小型車または中型車が使用されるでしょう。そもそも【61】号経路の現状の利用状況からは、中型車でも十分賄えるように思われます。

星ヶ丘医療センターには2018年3月まで枚方100円バス(京阪バス運行)も乗り入れていました。100円バスは枚方市駅南口を起点に田宮・星ヶ丘病院・中宮山戸町・関西外大・禁野口を循環する運行形態でした。


京阪バス・枚方100円バスが走っていた頃(2002~2018年)の画像をアップしました。 

DSCF0027a
先日引退したブルーリボンシティW-3839 ラッピング時代
(官公庁団地にて)

20090128474a
珍しくエアロミディ10.5m車(N-1086)が入っていた日
この車両はのちに京田辺へ転属

DSC_0020
100円バスは枚方市駅南口4番のりばから発車
関西外大学研都市キャンパス行きも廃止



PA140006a

P1270044

京阪バス招提線【84】号経路・<樟葉駅~北片鉾~京阪牧野駅前>

運行経路は、

樟葉駅→くずはモール→なみき→船橋住宅→牧野小学校→第三中学校前→宇山東町→牧野本町→北片鉾(中央図書館前)→牧野本町→京阪牧野駅前→宇山東町→第三中学校前→牧野小学校→船橋住宅→なみき→くずはモール→樟葉駅

の「半循環」タイプ系統。

もともと、樟葉駅~船橋・牧野地区循環として運行されてきたが、樟葉駅と枚方市立中央図書館(北片鉾)へのアクセスを図り、2018年4月より牧野本町~北片鉾間への乗り入れを開始。北片鉾バス停で枚方市駅行き【12】号経路に乗継可能です。

招提線は従来枚方営業所が担当してきたが、2018年4月より樟葉・牧野循環系統【84】【87】号経路は男山営業所に移管。小型車(主にポンチョF-3041ほか、緑のエアロミディU-1149も時々入る)で運用されています。運行ダイヤは樟葉駅発9~16時台に毎時1本。

2018年の北片鉾乗り入れ開始当初、枚方から転属の幕車リエッセ(E-3099)が運用されるが、半年ほどで引退しました。


1980年代後半の枚方市東部(津田・藤阪・長尾・尊延寺・穂谷方面)のバスについて、思いつくままに書いてみることにしました。

開発が遅れ、のどかな農村・里山風景の残る枚方市東部地区(概ね郵便番号573-01地域 あるいは交野警察署管轄地域)。ここにも、大学の新設や新興住宅地開発の波が押し寄せます。東部地区の基幹鉄道である国鉄片町線(→JR学研都市線)は、1989年長尾-木津間電化開業&松井山手駅(京田辺市)と合わせ、快速電車大増発が実施され、ローカル線から都市鉄道に脱皮。松井山手駅は京阪電鉄の全額負担で設置され、京阪東ローズタウンなどの開発が始まります。

これに合わせ、枚方市東部地区のバス路線も大きく変わりました。

まず、関西外大穂谷キャンパス開校(1984年)に合わせ、枚方市駅(南口)・津田駅と新田辺から外大行きのバスを新設。枚方市駅~新田辺間のロングラン系統は1970年代ごろより3往復設定されていたが、1992年ダイヤ改正で穂谷で系統分割と引き換えに、穂谷~新田辺間のバスは毎時1本に増便されます。狭かった津田駅前バスのりばも、1990年ごろまでにバスループが整備されます(整備前は舗装すらされておらず、スイッチバック方式で出入りだったと記憶)。

杉地区には1988年、大阪国際大学枚方キャンパスが開校(杉中学校の近く)。先立って、長尾台へのバス乗り入れを開始、1986年出屋敷線の枚方市駅北口~長尾台住宅系統(【25】号経路)が新設されました。国際大開校に合わせ、大阪国際大学まで延伸されます。また、枚方市駅南口から、池之宮・杉山手経由の大阪国際大学行き【15】号経路(現【65】号)も新設。大阪国際大学には、第二京阪開通後(2009年)、直Q京都号も乗り入れるようになり、京都駅八条口まで一直線です。

長尾駅北東・長尾東町地区へのバス乗り入れも開始。樟葉長尾線【31】号経路を長尾駅から枚方カントリー(杉北町)まで延伸(現【93】号経路)します。枚方カントリー入口付近では、実は京都府(京田辺市、八幡市飛地)に越境しており、現在第二京阪も開通しています。枚方カントリー入口~クラブハウス(「枚方カントリー」バス停)のアプローチ道路には桜並木が連なり、花見のスポットです(今年はコロナ災禍の影響で閉鎖)。

松井山手地区では京阪東ローズタウン街開きも始まり、1992年出屋敷線【21】号経路(枚方市駅~長尾駅)を松井山手駅まで延伸(→【26】号経路)。枚方市駅~松井山手系統は2018年廃止、松井山手~長尾駅~大阪国際大学~穂谷口~新田辺系統(【89】号経路ほか)に代替されました。

1986年ごろまで、毎年夏休みには王仁公園プールへの利便を図り、枚方市駅北口~藤阪間の臨時バスを運行していました。「藤阪」バス停へは、枚方市駅南口から【11】号・長尾駅行き(現【63】【64】号)でアクセス可能ですが、臨時便は須山町・出屋敷・既製服団地を回って、長尾口から【11】号経路・枚方市駅行きと同じルートでr736を南下するという、面白い路線でした。これは循環【20】号経路<枚方市駅北口~長尾駅~枚方市駅南口>の実質区間便であったりします。北口のりばからは【22】号・藤阪ハイツ行き(現【18】号)が発着しており、臨時便の「藤阪」行きと乗り間違いが起きやすかったのかもしれませんね。

* * * *

王仁公園プールといえば、中学・高校時代だった当時の私自身の痛いエピソードを思い出しました。今から思えば、中学・高校時代にもう少し水泳の練習をしておけば良かった、と後悔。もともと泳ぐことは苦手で小2までは水に入ることすら怖がっていたが、小3から少しずつ泳げるようになり小学校卒業までには25~50mは何とか行くようになりました。

しかし、中学以来、泳ぐ機会が減ったこともあって、伸び悩むことに。夏休みに学校のプール開放を利用することもあったが、中学では小学校のときのようにあまり行かなくなりましたね(腹痛を訴えて早く帰ろうとしたが、仮病と見られたのか、監督員に止められた)。実際、中学校のプールではあまり会いたくない友達もいたし、それなら王仁公園へ逃げる手があった。そうそう、夏休みには週1~2のペースで王仁公園へ通って泳ぐ練習をやっても良かった。学校のプールとはちがって、飽きたり疲れたらいつでも退場できるんだし。でも、学校のプールは無料で入れるし、途中退場できない厳しさはあるが、それだけしっかり練習しなさいということと捉えて、真剣にやるのも悪くないでしょう。

高1の夏休み前の「試験休み」に、体育(水泳)の補習を受けさせられることになったが、他の科目の講習を申し込んでて楽しみにしていたのに、予定が重なったためキャンセルという、笑うに笑えぬ話に。もし、中学時代に王仁公園へでも通って、もう少し真剣に練習していたら、水泳力はそこそこ維持できたため、こんなことにならなくて済んだかも、と今頃になって反省。あるいは、今の私だったら、補習の通告を渡されたその時点で、嫌がらずに「今まで練習をサボってた自分が悪かった、反省します」という姿勢を見せ、(目前の補習を含め)今後体育の授業にもう少し誠意を込めて参加するよう気持ちを替える、という大人の対応をしたいところ。10代当時の私にそれができなかったことを、恥じているところです。

王仁公園までの交通手段としては、バス乗り継ぎ、鉄道(京阪交野線+片町線で藤阪駅下車)、自転車の可能な選択肢があるが、鉄道だと河内森~河内磐船間を歩く必要があって乗り換えが面倒ということもあり、やはりバス乗り継ぎが一番面白いところでしょうか・・・。

高1の夏休みといえば、自転車で遠征することにもこだわるが、雨の多い天候不順でままならず欲求不満続きだったけど、それなら水泳の補習を食らった事実を客観的に反省し、自転車でやはり近場の王仁公園へ泳ぎに行くもありだった。しかし、それよりも、やはり当時の面白いバス路線にいろいろ乗っておいたほうが良かった、と後悔しています。


P2230042

京阪バス「宗谷」(そうや)バス停。

「宗谷」(そうや)といえば、北海道の宗谷岬などをまず連想されることでしょう。

「宗谷」の語源は、アイヌ語の「ソー・ヤ(so-ya)」(磯岩の岸)※1)。

同じ「宗谷」という町名は、大阪府枚方市に存在します。読みも同じ「そうや」ですが、北海道の「宗谷」との関連性はよくわかりません。

枚方市宗谷は、京都府京田辺市との境界に近く、大阪府のほぼ最東端にあたります。ちなみに大阪府最東端のバス停は、同じく京阪バス「馬廻」で、京田辺市との境界もすぐの地点です。「宗谷」は主要地方道r71【枚方山城線】、「馬廻」は国道307号線にそれぞれ設置されており、両地点間は和幸カントリークラブと枚方市東部公園を挟みます。

「宗谷」バス停ですが、発着本数は非常に少なく、天王発着系統が数本のみ(【78】<枚方市駅~天王>、【89A】【89B】<松井山手駅~天王~近鉄新田辺>)。天王は京田辺市の隠れ里であり、宗谷の隣のバス停ですが、この間の距離は長く、2km以上離れています。なお、【89】【89C】号経路は、「宗谷」と「馬廻」を通ります。




※1)『アイヌ語地名を歩く ―山田秀三の地名研究からー』
http://ainu-center.hm.pref.hokkaido.lg.jp/HacrcHpImage/06/pdf/09_02_01_H24shari.pdf


(2020.3.15追記)
バス停の「宗谷」は「そうだに」と読むそうです。地名の読み方は、そのまま「そうや」ですが。


DSCN7469a

DSCN7470a

元旦の午後、エアロミディ・ロングのN-1089を枚方市駅南口で見かけました。

N-1089といえば、高槻(営)から枚方(営)に転入、招提線【38】号経路を中心とする運用に入っているはずだが、なぜか南口に。最近、休日の枚方市駅南口であまり見かけない車種だけに、軽く驚きを感じました(平日だと交野・香里団地所属のエアロミディ・ロングを少なからず見かけるが、以前に比べて減っている)。もしかしたら、尊延寺線の運用に入るのかと期待してみたが、北口ロータリーへ回送。おそらく、【38】号経路の運用に就いたものと思われます。

招提線運用に入る車両も、ごくたまに南口で待機することがあるようです。ラポールの待機場から、余裕のある南口へ回送して時間調整ののち、北口5番のりばに付けるという動きと思われます。


京阪バス枚方営業所管内の数少ない長距離路線を一つ紹介したいと思います。

枚方尊延寺線【78】号経路<枚方市駅~天王>

枚方市街地から津田駅を経て、枚方市東部の尊延寺・穂谷地区、さらに京田辺市天王集落を結ぶ路線です。

運行経路・主な停留所は、

枚方市駅南口~官公庁団地~池之宮~四辻~津田西町~津田駅~津田西町~津田中学校前~津田病院前~杉~尊延寺~穂谷口~穂谷~穂谷口~三陽台(和幸カントリー前)~宗谷~天王

【72】号<枚方市駅~津田駅~穂谷>を天王まで延長する形の補完的系統です。走行区域は、宗谷~天王間のみ京都府京田辺市、他は大阪府枚方市で、枚方営業所管内路線で他府県に乗り入れる数少ない路線でもあります。

運行ダイヤは、

【平日】
枚方市駅 15:21、17:20、19:49発
天王   6:50、7:27、10:45発

【土曜】
枚方市駅 15:21、17:21、19:21発
天王   7:29、10:44発

【休日】
枚方市駅 15:21、17:21発
天王   7:56、10:45発


天王発は午前、枚方市駅発は午後~夕方の時間帯に偏っており、特に天王からの乗車は地元住民以外は難しいでしょう。枚方市駅発の便は天王到着後回送車に、反対に天王始発の便は回送で送り込まれます。天王での折り返しは、1時間以上待って【89】号ほか穂谷口経由松井山手行きに乗車するか、もしくは穂谷口まで徒歩で戻るしかありません(新田辺行きもあるが、午前2本のみで、【78】からの乗り継ぎには使えない)。あるいは、水取まで1.5kmほど歩いて、奈良交通三山木駅行きに乗ることも可能です(「水取」の三山木駅行き発車時刻は、8:16、10:20、12:15、14:55、16:02、17:17)。

枚方市駅~天王間全線において、「1Dayチケット」が利用可能です(旧タイプの磁気カード式のときは、宗谷-天王間は範囲外だった)。全区間通しての運賃は290円。



DSCN6957

DSCN6958

京田辺市水取(みずとり)にて。

水取~普賢寺界隈は、市内南西部に位置。京都・大阪・奈良3府県の境界に近く、生駒山系東麓の開けた集落で、水田や畑が広がります。三山木駅前とは市内南部のメインストリート、京都r65【生駒井手線】で東西に直結。また、枚方市(尊延寺)から伸びるr71【枚方山城線】との交点でもあります。周辺には、同志社大学のキャンパス(京田辺、多々羅)や山城田辺自動車学校、宇治茶の「舞妓の茶 本舗」などが立地しています。京田辺は日本有数の玉露の産地として知られます。

水取へのバスは三山木駅(近鉄・JR共同)から奈良交通【90】【91】系統が発着(京都営業所担当)。【91】系統は、水取からさらに山の中へ分け入り、打田を経て高船まで行きます。1日6往復の運行です(内2往復は高船発着)。

「水取」バス停は、普賢寺幼稚園・小学校前に設置。

水取から西へ徒歩で、京阪バス「天王」バス停まで移動することも可能です。天王からは本数は少ないものの枚方市駅・近鉄新田辺・松井山手行きが発着しています。天王を発車すると、府境を跨いだところでr71に合流するルートです(したがって、新田辺・松井山手行きも、一旦大阪府を通る)。天王~水取を徒歩連絡で、バス乗り継ぎの旅をするのも面白いでしょう。ハイキングコースにも良さそうです。

水取のバス時刻表(三山木駅行き)は、

8:16 10:20 12:15 14:58 16:02 17:17

です。


京阪バス直Q京都号のレアな路線系統を一つ紹介したいと思います。

田ノ口(枚方市)発着の便です。

この便の特徴は、JR長尾駅に乗り入れる数少ない便でもあり、運行経路は、

田ノ口~田ノ口中央~ 出屋敷~既製服団地~長尾駅~松井山手駅~京都駅八条口

で、田ノ口~長尾駅間は一般路線バスの停留所全てに停車します。

ダイヤは

(平日)
田ノ口発    5:50、6:57、10:16、16:01、16:49
京都駅八条口発 8:05、11:20、12:50、20:15、22:10


(土休日)
田ノ口発    6:00、16:01
京都駅八条口発 13:10、22:30


長尾駅からの直Q京都号がもっとあってもよさそうですが、現在のところ田ノ口発着便のみとなっています。また、田ノ口発着にするのなら、枚方市駅まで乗り入れても良さそうな感じはするが、枚方車庫への入出庫という意味合いが強いように見えます(田ノ口発着便は枚方営業所担当)。なお、田ノ口~松井山手間のみの乗降は可能です。

枚方営業所担当便の直Qは、このほか、

ホテルUSJ~藤田川~枚方市駅(南口)~枚方車庫~高速京田辺~京都駅八条口
ホテルUSJ~高速京田辺~京都駅八条口~四条大宮(交野・河内磐船経由なし)

などがあります。


京阪バス・関西医大附属病院(旧・関西医大枚方病院)バス停です。

香里団地【1】号経路・京阪香里園行き(枚方市駅南口経由)が毎時1本発車します。
逆方向の関西医大附属病院行きは、アルファベット付き系統番号の【1A】号経路として運行されます。【1A】号経路は、枚方市駅では南口5番のりばでの乗降扱いをしたのち、北口ロータリーを通り抜けてゆきます。

関西医大枚方病院バス停新設当初(2006年)、ここから枚方営業所管内(枚方尊延寺線、出屋敷線)の穂谷・松井山手・くずは方面行きも乗り入れていましたが、2010年9月以降、香里団地【1】【1A】号経路が発着するのみとなっています。


P1130029

P1130027

 


長尾駅発着のレア路線系統【21】【22】号経路。

これら2系統は昼間時間帯は見ることができません。運行経路は、

【21】長尾駅~既製服団地~出屋敷~田ノ口
【22】長尾駅~既製服団地~招提大谷~国道招提


であり、出屋敷線・樟葉長尾線の区間便です。枚方車庫への入出庫系統であり、全便枚方営業所の担当です。長尾駅からは、【22】号経路(国道招提ゆき)は平日は22時台1本、【21】号経路(田ノ口ゆき)は土休日の夜3本の運行です。

参考までに、長尾駅発着の系統番号は次のようになります。

(出屋敷線・枚方市駅方面)        20、21、25、27、29
(樟葉長尾線・樟葉駅方面、招提大谷経由) 22、92、93、94
(藤阪ハイツ方面)            23、90

(枚方尊延寺線・枚方市駅方面)      63、64
(大阪国際大学・穂谷・新田辺方面)    25、75、89(89A~C)

(出屋敷線・北山方面)          27、28、29、37
(高野道経由樟葉駅方面)         90
(枚方カントリー方面)          92、93
(松井山手方面)             75、89(89A~C)

出屋敷線は20・30番台、枚方尊延寺線は60~80番台、樟葉長尾線は90番台が基本となっています。樟葉長尾線の国道招提行きのみ、例外的に【22】が割り当てられています。高野道・家具町1丁目経由の【90】号経路も樟葉長尾線となっているが、他の92~94とは経路が異なり、男山営業所の担当でユニークな存在です(樟葉長尾線・国道招提経由の大半の便は京田辺営業所担当)。


枚方市駅北口に続き、南口発着の系統番号についても考察したいと思います。

南口からのバスの発着本数は北口に比べて少なく、路線系統の数も多くはありません。南口からの路線系統は、大きく

香里団地方面
津田・長尾・穂谷方面(枚方尊延寺線)

の2つに分けることができます。

割り当てられている系統番号として、

【香里団地方面】   1~6、8~10、43、ろ  (南2・3番のりば)
【枚方尊延寺線ほか】 16、61~65、70、72、78 (南1・4番のりば)

が挙げられます。

香里団地(枚方公園駅、香里園、釈尊寺団地ほか)方面の路線は、主に香里団地営業所管轄ですが、【10】釈尊寺団地行きと【43】【43A】交野車庫・星田駅行きは交野営業所管轄となっています(【1】【9A】の一部便に交野営業所担当もある)。40番台の数は交野営業所管内の星田線を表しており、枚方市駅においては異色の路線系統です(かつては四条畷までの長距離路線だったが)。【43】【43A】の本数は少なく、土曜・休日は運休です。もう一つ面白いのは山之上線の【ろ】系統・枚方公園駅行き。系統番号がひらがな「い・ろ・は」の「ろ」であるところが特徴ですね。専用の小型車で運用されます(香里団地営業所管轄)。

津田・長尾・穂谷方面(枚方尊延寺線)は枚方営業所管轄で、一時期京田辺営業所も乗り入れていました。2002年以前は11~15まで(そして20)の番号が割り当てられていたが、枚方営業所管内(主に出屋敷線・招提線・樟葉長尾線)の白紙ダイヤ改正に合わせ、尊延寺線を含めて系統番号が変更となりました。2018年3月までは、【66】長尾駅行き(大阪国際大学経由)、【71】穂谷行き(関西外大学研都市C経由)などもあったが廃止。

【16】号経路は、高槻営業所担当の出口線で、伊加賀小学校発の南口経由、官公庁団地からイズミヤ(枚方店)前・禁野口を回って枚方市駅北口行きのユニークな路線系統で、平日1本のみの運行です。南口4番のりばからの発車です(【61】星ヶ丘医療センター行きと同じのりば)。


京阪バス枚方市駅北口発着の路線は、

高槻・茨木方面、
出口線、
出屋敷線(関西外大・藤阪ハイツ・長尾駅・樟葉駅ほか)、
招提線(牧野・招提方面)

と、大きく4つに分けることができます。

割り当てられている系統番号(番号の下にアルファベット付きのものもある)は、

【高槻線、茨木線】               1~3、7~9
【出口線】                   16
【出屋敷線】(小松団地、北片鉾方面)      11~13
【出屋敷線】(国道田ノ口、総合スポーツC方面)  14~15
【出屋敷線】(藤阪ハイツ、長尾駅方面)     18~20、25、27、29
【出屋敷線】(養父が丘、樟葉駅方面)      39~40
【招提線】                   38

となっています。空き番号は

4、5、6、10、17、21~24、26、28、30~37、41~

で、20以下の番号は大部分が埋まっている一方、30番台はなぜか飛んで空き番が多くなっています。

私個人的に、今後枚方高槻線・茨木線の新路線を設定する場合、どんな番号を割り当てるのかが気になるところです。高槻営業所管内では、1~9まで全て使われており(4・5・6は茨木・高槻市内の区間系統)、出口線のみ例外的に16が割り当てられているが、10・20番台の大半は枚方営業所管内の出屋敷線で使用済みなので、30・40番台以降を使うしかないでしょう(「枚方市駅北口」発着系統としては10・17も空いているが、前後の数は出屋敷線が使用している)。出口線の「16」は、かつて同じ方向の路線として存在していた寝屋川市駅行きの【16】号経路に由来するものとされています。

2018年3月まで【26】松井山手行き(長尾駅経由)もあったが、廃止されました。21~23および28・37は、枚方市駅に乗り入れない長尾駅発着の区間系統に割り当てられています。

このほか、香里団地営業所の【1A】関西医大附属病院行きも北口ロータリーを通過します。高槻線にも【1A】号経路(阪急高槻・市役所前経由JR高槻行き)はあるが、関西医大行きは南口5番のりばからの発車なので、誤乗の心配はさほど問題ではないでしょう。

【1A】といえば、あと枚方営業所担当の「早バス」<田ノ口→枚方市駅→阪急・JR高槻>もあるが、路線名は「枚方高槻線」。高槻で【1A】枚方市駅行きとして折り返します。


P5190021

枚方市杉4丁目・長尾台3丁目にある「大阪国際大学」バス停。

長尾と杉・尊延寺方面を長尾台住宅・杉山手経由で短絡する府道17号沿いに面しています。この付近には、国際大学のほか、杉中学校、菅原東小学校もあり、学校が密集しています(ただし、大阪国際大学枚方キャンパスは、守口キャンパスに移転する予定)。また、枚方公済病院にも近く、漢字博士で知られる王仁博士の墓(伝王仁墓)もあります(「長尾台住宅」バス停のほうが近い)。

もともと、この府道を通るバスが開通したのは比較的遅く、1986年に初めて出屋敷線【25】号経路・<枚方市駅北口-長尾台住宅>を新設。その後、大阪国際大学枚方キャンパス開校に合わせ、大阪国際大学まで延長しました。同時に、枚方尊延寺線【15】号(→【65】号)・<枚方市駅南口~大阪国際大学>も開通。そして、1999年には、長尾駅と穂谷を大阪国際大学経由で結ぶ【41】号経路(→【75】号)を新設。

現在、大阪国際大学バス停には、

【25】枚方市駅行き(長尾駅・出屋敷経由)
【65】枚方市駅行き(津田西町経由)
【75】【89】【89A】【89B】【89C】松井山手駅行き(長尾駅経由)
【75】【89】【89A】【89B】【89C】穂谷・近鉄新田辺行き
【直Q】京都駅八条口行き

が発着しています。大阪国際大学・終点となるバスは、バスロータリーで折り返します。穂谷・新田辺行きのバスもロータリー内に乗り入れています。(新田辺・穂谷から)松井山手駅行きのりばのみ、府道上に設置されており、ロータリーとは向かい側です。したがって、長尾駅方面行きのバスは、始発の【25】とほか(新田辺・穂谷発)では、のりばが府道を挟んで少し離れており、少々わかりにくい気もします。新田辺からのバスもロータリー内で乗降扱いをできないものでしょうか?

それと、直Q京都号の国際大学折り返しは、今一つ中途半端なように思います。おそらく第二京阪の入口に近く、京田辺営業所への回送も兼ねているのだとは思いますが、津田くにみ坂・津田駅などへの乗り入れが望まれるところでしょう。


京阪バス交野営業所【14】号経路(津田香里線)。

運行経路は、

京阪香里園~東香里~高田~京阪交野市駅~幾野4丁目~西倉治~倉治~津田駅

で 、かつての【9C】号経路と全く同じルートとなっています。

【9C】号経路は、もともと現【14】号経路そのものだったが(2008年新設)、2012年6月末のダイヤ改正で、

京阪香里園~京阪交野市駅~幾野4丁目~西倉治~交野警察署前~河内磐船駅

に変更。京阪香里園~津田駅系統は、

【9】 京阪香里園~京阪交野市駅~住吉神社前~大仏町~倉治~津田駅

に一本化されました。

2018年2月ダイヤ改正で、上記【9】号経路と新【9C】号経路は廃止、旧【9C】号経路をそのまま復活する形で、当該【14】号経路が登場しました。交野市駅~住吉神社前方面の路線系統については、

【19】京阪交野市駅~住吉神社前~大仏町~交野警察署前~河内磐船駅

に再編され、住吉神社前付近の狭隘路対応も兼ねて、中型車での運用となっています。


【14】号経路に話を戻しましょう。【14】号経路について、一つ面白いことに気づきました。それは、西倉治~倉治~津田駅間には、かつて同じ【14】号経路<枚方市駅~四辻~村野浄水場~津田駅循環>(枚方尊延寺線)が通っていたこと。旧【14】号経路は枚方営業所の担当。1999年に廃止されました。その名残なのか、西倉治~倉治~津田駅間は交野市内でありながら、「出屋敷招提地区定期」の範囲に含まれています。

西倉治~津田駅間には、交野南部線【17A】号経路<津田駅~京阪交野市駅~河内磐船駅>(廃止)のルートでもあり、片道1便のみ京田辺営業所が担当していた時期もあります(津田サイエンス線への送り込みが目的)。2018年4月ダイヤ改正では、枚方市駅・津田駅および津田サイエンス線の京田辺営業所乗り入れが廃止されました(津田サイエンス線は全便交野営業所に移管、枚方尊延寺線の枚方市駅・津田駅関係便は枚方営業所担当に統一)。


4月1日ダイヤ改正後の京阪バスについて、京都市中心部で新規路線が設定される一方、本数が減便となっている路線系統も少なからず存在します。

樟葉駅発着路線について、

○【8】<中ノ山循環>の昼間時間帯運転なし
○【15】<樟葉駅~枚方ハイツ> 20分間隔→30分間隔

などが確認されます。【8】号については、同じ地区(くすのき小学校、京都八幡高校)を通る男山東循環【20】【21】号経路に代替することにより、昼間時間帯は間引いたものと見られます。

樟葉駅を深夜24時台に発車する便(【40】男山車庫行き、【2】ポエムノール北山行き)は、京阪バス他地区と同様の「深夜バス」となりました。「深夜バス」の運用車両は通常の一般路線車ですが、運賃は倍額です。

同日実施された樟葉・八幡・京田辺地区運賃改定に伴い、整理券発行系統から均一区間系統に変更となったものも存在します。

【32】【41】 樟葉駅~京阪八幡
【95】【97】 樟葉駅~藤阪ハイツ
【90】    樟葉駅~長尾駅~藤阪ハイツ
【94】    樟葉駅~長尾駅
【84】【87】 船橋・牧野循環



昨年4月の枚方・男山・京田辺営業所管内ダイヤ改正から1年経過しました。 関西外大穂谷キャンパス閉鎖に対応した路線再編・適正化が中心で、縮小・減量ダイヤという印象が強かったように思います。

私個人的に、樟葉長尾線・北山線を中心として見直しの余地があると感じます。

○樟葉長尾線(【93】【95】【97】号経路ほか)について、

【91】樟葉駅~高野道~家具町1丁目~ポエムノール北山~ぽえむ南橋~招提大谷~藤阪ハイツ(毎時2本)
【82】樟葉駅~なみき~関西記念病院~国道招提~ぽえむ南橋~長尾中学校~長尾駅~枚方カントリー(毎時1本)
【94】樟葉駅~中の池公園~国道招提~ぽえむ南橋~招提大谷~既製服団地~長尾駅(毎時2本)


に再編(【92】【93】号経路廃止)

○樟葉駅~高野道~家具団地方面について、昼間時間帯は

【2】樟葉駅~家具町1丁目~家具団地~ポエムノール北山(毎時2本)
【2A】樟葉駅~枚方ハイツ~家具町1丁目~家具団地~北山中央~ポエムノール北山(毎時1本)
【90】樟葉駅~枚方ハイツ~家具町1丁目~家具町2丁目南~長尾駅~藤阪ハイツ(毎時1本)
【91】樟葉駅~家具町1丁目~大阪工大~ポエムノール北山~ぽえむ南橋~藤阪ハイツ(毎時2本)


とする

○出屋敷線【20】号経路<枚方市駅~長尾駅>のうち、毎時1本を枚方カントリーへ延長

○枚方尊延寺線について、

【65】<枚方市駅~大阪国際大学>を津田くにみ坂・津田山手経由に

○招提線【38】号経路<枚方市駅~京阪牧野駅前~摂南大学枚方キャンパス>の30分ヘッド時間帯を拡大、また毎時1本を車谷公園・本郷経由松井山手駅へ延長(【63】号<新田辺→ポエムノール北山>廃止)

○<長尾駅~藤阪駅~枚方車庫~甲斐田東町~北片鉾>系統を新設


運用担当については、

【91】号・<樟葉駅~ポエムノール北山~藤阪ハイツ>  男山営業所
【82】号・<樟葉駅~なみき~長尾駅~枚方カントリー> 京田辺営業所
【94】号・<樟葉駅~長尾駅>、
【95】号・<樟葉駅~藤阪ハイツ>           枚方営業所
招提線【38】号ほか                  枚方営業所
【30】号・<樟葉駅~松井山手駅>           
【67D】号・<樟葉駅~松井山手駅~新田辺>      京田辺営業所

が適正だろうと思います。


既報の通り、本年4月1日より京阪バス八幡・京田辺地区(旧・京阪宇治交通エリア)の運賃改定が実施されます。合わせて、直Q京都号の運賃も変更(値上げ)されます。

https://www.keihanbus.jp/pdf/t2019/local_20190311.pdf

男山・京田辺営業所管内運賃(4月1日より)
https://www.keihanbus.jp/local/pdf/fare_otokoyama_tanabe_20190401.pdf

枚方営業所管内運賃(4月1日より)
https://www.keihanbus.jp/local/pdf/fare_hirakata_20190401.pdf

主な変更点は、

○樟葉・男山地区運賃220円を大阪地区1区230円に統合

○八幡市・京田辺市内対キロ制運賃を大阪地区区間制運賃に変更
(特区200円、1区230円、2区260円、3区280円)

○地区定期券に「樟葉地区」「八幡地区」「松井山手地区」「京田辺大住地区」プランを新設

○「スーパーワイドプラン」(大阪・京都・滋賀地区、直Qが利用可能)新設
https://www.keihanbus.jp/local/ic/pdf/pitapa_area10_20190401.pdf

です。旧・京阪宇治交通エリアにおける短距離の運賃は、初乗りが200円または230円に値上げとなる反面、長距離の利用では、例えば

樟葉駅~松井山手駅  260円
樟葉駅~近鉄新田辺  280円
京阪八幡~近鉄新田辺 280円

のように、値下げとなります。

ほかに気づいた点として、

○【89】号 <近鉄新田辺~穂谷口~松井山手駅> の全区間通しは1区230円
(新田辺~長尾駅間は2区260円)

○【32】号 <樟葉駅~京阪八幡>の運賃は全区間1区230円(「樟葉地区」定期の範囲は、樟葉駅を中心に京阪八幡・本郷・長尾駅・田ノ口団地・北片鉾・三栗までをカバー)

○招提線【87】号<樟葉駅~北片鉾>に「牧野本町」バス停新設

○「東寝屋川駅」バス停の名称がそのまま

などが挙げられます。



京阪バス樟葉・八幡・京田辺地区の運賃改定が発表されました。

https://www.keihanbus.jp/news/sysimg/00453/link_iwQ6s.pdf

実施日は2019年4月1日の予定です。

該当エリアは旧・京阪宇治交通の営業区域であり、現在主に男山・京田辺の2営業所が管轄しています。このエリアの運賃は、初乗り運賃は京阪バス他地域よりも安い反面、長距離区間では対キロ区間制運賃のため高額となり、利用客減少に悩まされています。これを改善し新たな需要喚起を図るため、基本的に大阪地区と共通の区間制運賃に改め、長距離区間を中心に運賃を値下げを行うというものです。

主な区間の運賃は、 

樟葉・男山地区(均一)  220円 → 230円(1区)
八幡地区         200円 → 230円(1区)
樟葉駅~松井山手駅    300円 → 260円(2区)
中央センター~松井山手駅 240円 → 230円(2区)
樟葉駅~近鉄新田辺    430円 → 280円(3区)
京阪八幡~近鉄新田辺   430円 → 280円(3区)
近鉄新田辺→畠、茶屋前  160円 → 200円(特区、2021年より1区230円)
松井山手駅~摂南大学北口 170円 → 200円(特区、2021年より1区230円)

のように変わります。

樟葉・男山地区均一区間は、もともと京阪バス大阪地区(1区)の運賃と同じだったが、1997年消費増税5%に合わせた運賃改定の時に、京阪宇治交通営業区間で運賃を据え置いたため、運賃の相違が生じ、京阪バスへの合併後も変わっていません。そのため、樟葉駅発着の当時の京阪バス(枚方営業所管轄)では、従来均一運賃だった路線系統も含め、全系統整理券発行となりました。今度の改定では樟葉・男山特区が22年ぶりに解消されることになります。

枚方尊延寺線・穂谷付近の運賃も、旧・京阪宇治交通に合わせ(穂谷へは宇治交は乗り入れていなかったが)対キロ区間制となっていたが、こちらも特区(200円)→1区(230円)に変わるものと思われます。


京阪バス枚方営業所管内のマイナーな路線系統を一つレポートしてみたいと思います。

【23】号経路・<藤阪ハイツ~長尾駅>。

運行経路は、

藤阪ハイツ~長尾谷町~招提大谷~ぽえむ南橋~長尾中学校~長尾駅~長尾口~既製服団地~長尾谷町~藤阪ハイツ

の循環運行となっています。

新設されたのは2006年4月1日。京阪宇治交通(男山・京田辺)が京阪バスに合併した当日でした。藤阪ハイツから長尾駅への路線が初めて設定され、当初は、

藤阪ハイツ→既製服団地→長尾駅→ぽえむ南橋→藤阪ハイツ

の「左回り」がほぼ終日毎時2本の運行だったかと思います。

1年半後の2007年11月ダイヤ改正で、【90】号経路・<樟葉駅~高野道~家具町2丁目南~長尾駅~藤阪ハイツ>が男山営業所担当で新設され(昼間時間帯のみ毎時1本)、【23】号経路は朝夕のみの運転となりました。朝の時間帯は「左回り」、夕方は「右回り」の運行体制となっています。

運用車両は大型車が多いが、利用状況は多くなく、時に中型車・中型長尺が入ることもあります。

藤阪ハイツは以前は枚方営業所のみだったのが、現在男山・京田辺営業所の車両も乗り入れています。運用担当は、

枚方営業所 【18】【23】(【95】【97】の一部便) (出屋敷線、樟葉長尾線)
男山営業所 【90】(樟葉長尾線・高野道経由)
京田辺営業所 【95】【97】(樟葉長尾線・国道招提経由)

に分かれています。


【中宮】 → 中宮西之町

【氷室台】 → 氷室台南口

【藤阪】 → 王仁公園

【田ノ口】 → 田口3丁目

【長尾元町】 → 長尾元町1丁目

【西長尾】 → 長尾西町

【御殿山】 → 京阪御殿山

【牧野】 → 牧野阪

【関西医大前】 → 牧野本町

【招提】 → 招提中町

【しで原】 → 男山竹園

【長谷】 → 男山香呂

【中くずは】 → 楠葉野田

【北くずは】 → 北楠葉町

【おさ田】 → 八幡警察署前

【河原】 → 内里河原

【八小路】 → 大住八河原

【大住】 → 大住東村

【館】 → 大住車塚古墳

【長尾谷】 → 一休ヶ丘西



P5060006

本年4月1日ダイヤ改正で誕生した枚方尊延寺線【89】【89A】号経路・<松井山手駅~長尾駅~穂谷口~新田辺>。

運行経路は、

松井山手駅~きんめい台西~長尾駅~大阪国際大学~杉山手~杉~穂谷口~(天王)~馬廻~河内峠~茂ヶ谷~近鉄新田辺、

天王経由は【89A】号経路です。

関西外大穂谷キャンパス閉校(→御殿山キャンパスに移転)に伴うこのダイヤ改正で、

◎【82】【83】号・<松井山手駅~穂谷>(第二京阪バイパス経由)廃止
◎【75】号・<長尾駅~穂谷>と【79】【81】号・<穂谷~新田辺>を統合
◎【66】号・<枚方市駅南口~大阪国際大学~長尾駅>廃止
◎出屋敷線【26】号・<枚方市駅北口~長尾駅~松井山手駅>の松井山手乗り入れ廃止

が実施され、【89】【89A】号経路に集約されるという形です。

一つ意外に思ったのは、「穂谷乗り入れ」でないこと。しかしそれも当然のことで、境橋(関西外大キャンパス前)~穂谷間は通常空気輸送であり、穂谷キャンパス廃校に伴い、穂谷を経由する必要がなくなったためです。穂谷バス停に乗り入れる路線系統は、基本的に【72】号・<枚方市駅~津田駅~穂谷>に一本化されており、朝と夕方以降の時間帯のみ、【70】【75】【79】号経路なども発着しています。なお、【75】号経路の一部の便も長尾駅から松井山手駅まで延長されています(→事実上【89】号の区間便)。

新田辺から穂谷口以西への路線は1992年の旧【12】号・<枚方市駅~穂谷~新田辺>廃止以来となります。2005年にも新田辺~穂谷口~氷室台循環が半年間試験運行されるが、利用客が少ないため、定期運行はなりませんでした。今回、松井山手・長尾駅から穂谷口以東への路線が初めて設定されたことになり、長尾駅から枚方東部公園(馬廻下車)へのアクセスにも活用できます。

全区間の運賃は260円ですが、尊延寺以東は対キロ区間制運賃のため、整理券番号は6~7まで発行されます。

京田辺営業所の担当ですが、今回のダイヤ改正をもって津田駅・枚方市駅・津田サイエンス方面への京田辺運用が廃止され、枚方市駅・津田駅発着系統は全便枚方営業所の担当に戻りました(津田サイエンス線は交野営業所に移管)。【直通】・<長尾駅~北山中央>も昨年春から1年間だけ京田辺営業所が担当していたが、こちらも枚方営業所に復帰(枚方→男山→京田辺→枚方の順に変わる)。

私個人的に、この【89】【89A】号経路はなかなか面白いと思っています。<枚方市駅~新田辺>廃止以来の長距離路線であり、何よりも長尾駅から天王・新田辺まで乗り換え無しで行けるのがうれしいです。

今回のダイヤ改正で京田辺営業所管内の運用範囲(直Q除く)が大幅縮小されたことになるが、近い将来、樟葉長尾線・北山線の路線ダイヤ見直しも十分ありそうで、これを機会に運用担当見直しもあると思われます。例えば、

樟葉長尾線・北山線を一部統合 →男山営業所
樟葉長尾線【93】号ほか →枚方営業所
山手線【30】【67】号 →京田辺営業所
八幡田辺線【74A】【74B】号ほか →京田辺営業所
京都南部線【24】【26】号ほか →洛南営業所

あたりが最適かと思われます。


本年4月、京阪バス枚方・男山・京田辺営業所管内でダイヤ改正を実施、関西外大穂谷キャンパス閉鎖に合わせ枚方尊延寺線を中心に大幅に路線系統が変わっています。私個人的に、今後は樟葉長尾線を中心に見直しの余地がありそうだと思いました。

樟葉長尾線(【93】【95】【97】号経路ほか)については、樟葉駅~家具団地~ポエムノール北山系統と一体で再編したほうが良いかと思いました。すなわち、昼間時間帯の【95】【97】号経路・<樟葉駅~藤阪ハイツ>は、以下の路線に再編する:

【91】樟葉駅~高野道~家具町1丁目~ポエムノール北山~ぽえむ南橋~招提大谷~藤阪ハイツ(毎時2本)
【82】樟葉駅~なみき~関西記念病院~国道招提~ぽえむ南橋~長尾中学校~長尾駅~大阪国際大学(毎時1本)


新【91】号経路(仮称)は、すなわち現行【大2】号経路をぽえむ南橋・招提大谷方面藤阪ハイツへ延長運転させる。新【82】号経路は、【97】の行先を長尾中学校経由長尾駅方面に変更したものです。運用担当営業所も【91】号経路は【2】などと共通で男山営業所が最適でしょう。【82】号経路は枚方もしくは男山営業所に。現行【93】号<樟葉駅~長尾駅~枚方カントリー>は京田辺営業所ではやや遠いので全便枚方営業所に復帰させる(その代わり、樟葉駅~松井山手~新田辺系統は基本的に京田辺営業所の担当とする)。

樟葉駅~高野道~家具団地方面のダイヤについては、昼間時間帯は

【2】樟葉駅~家具町1丁目~家具団地~ポエムノール北山(毎時2本)
【2A】樟葉駅~枚方ハイツ~家具町1丁目~家具団地~大阪工大~ポエムノール北山(毎時1本)
【90】樟葉駅~枚方ハイツ~家具町1丁目~家具町2丁目南~長尾駅~藤阪ハイツ(毎時1本)
【91】樟葉駅~家具町1丁目~大阪工大~ポエムノール北山~ぽえむ南橋~藤阪ハイツ(毎時2本)


ぐらいに整理するとよいでしょう(【90】号経路は枚方ハイツ経由に変更、【2A】とペアで30分間隔とする)。


枚方尊延寺線については、

【65】<枚方市駅~大阪国際大学>を津田くにみ坂・山手地区経由に
【80】枚方市駅~杉~(R307バイパス経由)~馬廻~近鉄新田辺(新設)


などが望まれるところ。新【80】号経路は馬廻にある枚方東部公園への利便性確保が目的で、土曜・休日ダイヤのみでもよいので1日3往復は欲しいところ。運用担当は枚方営業所もしくは京田辺営業所が最適でしょう(→枚方営業所の新田辺乗り入れ復活か)。


このほか、JR学研都市線から枚方市立中央図書館へのアクセスを確保する目的で

長尾駅~藤阪駅~枚方車庫~甲斐田東町~北片鉾

なども望みたいところです。


本年4月1日ダイヤ改正で廃止された枚方尊延寺線【66】号経路・<枚方市駅~長尾駅>(大阪国際大学経由)。

運行経路は、

枚方市駅南口~津田西町~津田病院前~杉山手~大阪国際大学~長尾駅


だったが、今一つわかりにくいものだったように感じます。

新設されたのは4年前2014年4月ダイヤ改正。【75】号経路・<長尾駅~穂谷>減便を埋め合わせるべく、昼間時間帯のみ【65】号経路を長尾駅まで延長しました、というものでした。しかし、枚方市駅から長尾駅へは遠回りということもあり、大阪国際大学~長尾駅間は空気輸送だったようであり、わずか4年の短命に終わりました。長尾駅~大阪国際大学~穂谷方面は【89】【89A】号・<松井山手~長尾駅~穂谷口~新田辺>に一本化されました。

【66】号経路の運用担当は全便枚方営業所でした。


本年4月開校・関西外大御殿山キャンパスへのバス路線(直通便)は、以下の2系統が新設されました。

枚方市駅南口~御殿山キャンパス
長尾駅~御殿山キャンパス

長尾駅から御殿山キャンパスへの直通便が設定されたことは少し意外でした。長尾駅からの直通便は出屋敷線枚方市駅行きと同じ経路で、1往復のみの設定となっています。

また、枚方市駅からの便は、南口4番のりばからの発車です。運行経路は禁野口~市民病院前経由(ノンストップ)。なお、御殿山キャンパスから枚方市駅行きのバスはありません。枚方市駅へは徒歩可能圏に入っており、下校時は駅まで徒歩、もしくは近くのバス停(「中宮住宅前」)から枚方市駅行きに乗れば良い(長尾駅行きも同様)との判断なのでしょうか。


P9230003

京阪バスブルーリボンシティW-3840が枚方営業所に里帰りした模様です。
当初枚方に配置されていたが、2006年秋、交野営業所に転属。その後、高槻営業所に転属し、特定運用中心で活躍していました。

P.S. 一時的な貸し出しの可能性もあります。

(2018.4.22 補足)やはり一時的な貸し出しのようでした。本日、高槻・大塚車庫で休んでいました。


以前より、JR学研都市線津田駅または長尾駅から枚方市立中央図書館(北片鉾)へのバスがあればと思っていました。本年4月より樟葉駅から【84】号経路・<船橋・牧野循環>を経路変更、北片鉾へ乗り入れるようになったので、樟葉方面から中央図書館へ便利になりました。 せっかくなので、津田・藤阪・長尾方面から中央図書館への路線系統を改めて望みたいと思います。

運行経路としては、JR学研都市線沿線の星田・四条畷・住道方面からも利用しやすいよう、例えば

長尾駅~枚方公済病院~藤阪駅~(バイパス)~総合スポーツセンター~甲斐田東町~北片鉾

あたりでどうでしょうか? これだと、山田池公園や枚方市立体育館(総合スポーツセンター)へも便利になって理想的だと思いますが・・・。総合スポーツセンターへは枚方市駅・樟葉駅から発着しているが本数は少なく、どちらかといえば枚方車庫への入出庫という意味合いが強いです。

あと、枚方市立図書館への要望ですが、枚方市駅・樟葉駅・長尾駅などに図書返却ポスト設置はできないものでしょうか? 同じ北河内の某市立図書館では主要駅前ターミナルに返却ポストを設置しているところもあり、もちろん枚方市でも実現可能だと思うのですが。


本年4月1日で廃止となった京阪バス枚方尊延寺線【82】【83】号経路・<松井山手駅~穂谷>。

運行経路は、

松井山手駅~山手中央~(第二京阪側道)~杉山手~杉~尊延寺~穂谷口~(【83】関西外大学研都市C経由)~穂谷

2014年4月に新設されるが、関西外大学研都市(穂谷)キャンパス閉鎖に伴い廃止されました。

松井山手駅と関西外大穂谷キャンパスを結ぶバスは2012年4月に直通バスとして初めて設定。
直Q京都号京都方面からの通学客を意識したものと思われます。その2年後、2014年には【82】【83】号経路の新設とともに、直Q京都号の一部便が関西外大穂谷キャンパスまで直通するようになります(ただし登校時間帯のみ片道運行)。

ダイヤは30分間隔の運転でしたが、少なくとも休校日には本数過剰のように見え、外大キャンパス閉鎖とともに廃止もしくは減便となっても不思議ではないと思っていました。実際、今度のダイヤ改正で、長尾駅・松井山手駅~穂谷系統および穂谷~新田辺系統は、【89】【89A】号経路・<松井山手駅~長尾駅~穂谷口~(天王)~新田辺>主体に整理されました。穂谷口~穂谷は経由しないので注意(朝夜は穂谷折り返し便もあり)。合わせて、出屋敷線【26】号経路・<枚方市駅北口~長尾駅~松井山手駅>も廃止(→長尾駅折り返しに変更)。

【89】【89A】号経路は京田辺営業所が運用担当しています。【75】【79】【81】号経路も全便京田辺営業所担当。一方枚方尊延寺線の枚方市駅・津田駅発着系統は全便枚方営業所担当に戻っています。

【82】【83】号経路廃止の代替措置なのか、直Q京都号の大阪国際大学~松井山手間のみの乗車も可能となりました。


京阪バス【早バス・1】<長尾口→枚方市駅→阪急・JR高槻>は、2018年4月1日ダイヤ改正より田ノ口始発に短縮となります。

【早バス】の登場は2014年4月。JR学研都市線沿線の長尾地区から京阪本線およびJR京都線(~山陽新幹線)の始発電車に接続するようダイヤ設定されています(ただし平日ダイヤのみ)。始発が朝4時台ということで、運賃は「深夜バス」と同じ扱いで倍額です。

今度のダイヤ改正で、長尾口~田ノ口間の運行は取りやめとなります。
香里団地から高槻方面への早バスなども期待していましたが、やはり運転手不足の問題もあって難しいようですね(深夜バスが金曜日のみの運行となるところも多いので)。


先月、大阪・京都間路線バス乗り継ぎルート(淀川左岸)についての記事
 http://katanogawara.blog.jp/archives/24417777.html
を書きましたが、4月1日に京阪バス寝屋川営業所および枚方・男山・京田辺管内でダイヤ改正および大幅な路線変更が行われる予定なので、新ダイヤを反映したルートで再検討したいと思います。容易な乗り継ぎルートとして次の2つが挙げられます。

A)【大阪駅前】~(大阪市営バス34系統)~【守口車庫】【土居】~(京阪バス9A号)~【摂南大学】~(京阪バス11・12号)~【寝屋川市駅】~(京阪バス22号 or タウンくる)~【京阪香里園】~(京阪バス1・9A号)~【枚方市駅】~(京阪バス20・25・27・29・63号ほか)~【長尾駅】~(京阪バス89・89A号)~【松井山手駅】~(京都京阪バス17系統)~【まちの駅イオン久御山店】~(京都京阪バス25系統)~【中書島】~(京都市バス81系統 または 京阪バス6A号)~【京都駅前】

B)【大阪駅前】~(大阪市営バス36系統)~【門真南駅】~(京阪バス7号)~【門真団地】~(京阪バス1・2号)~【京阪大和田駅】~(京阪バス14号)~【寝屋川市駅】~~(京阪バス22号 or タウンくる)~【京阪香里園】~(京阪バス1・9A号)~【枚方市駅】~(京阪バス20・25・27・29・63号ほか)~【長尾駅】~(京阪バス89・89A号)~【松井山手駅】~(京都京阪バス17系統)~【まちの駅イオン久御山店】~(京都京阪バス25系統)~【中書島】~(京都市バス81系統 または 京阪バス6A号)~【京都駅前】


今回の変更の大きなポイントは、

◎京阪バス【9A】号<大日駅~JR吹田>を摂南大学へ延伸
◎京阪バス【26】号<枚方市駅~松井山手駅>廃止
◎京阪バス【6A】号<醍醐バスターミナル~中書島~京都駅八条口>新設

などが挙げられます。まず、A)ルート(守口・大日経由)では、従来通り大日駅で寝屋川市駅行きへの乗り換えももちろん可能です。今回の大きな問題は、A)B)ルートともに、府県境を越えて松井山手に出る経路。【26】号経路が廃止されるため、長尾駅で新設【89】号経路<新田辺~長尾駅~松井山手駅>に乗り換える必要があります。ただ、本数は多くなく、代替ルートとして

【枚方市駅】~(京阪バス39号)~【樟葉駅】~(京阪バス30・67D号)~【松井山手駅】

【枚方市駅】~(京阪バス65・72号ほか)~【杉または杉山手】~(京阪バス89・89A号)~【松井山手駅】

【枚方市駅】~(京阪バス72号ほか)~【穂谷口】~(京阪バス89・89A号)~【近鉄新田辺】~(京阪バス67D・66A・66Bほか)~【松井山手駅】

【枚方市駅】~(京阪バス27・29・38号)~【峠】~(徒歩)~【本郷】~(京阪バス30・67D号)~【松井山手駅】

も可能です。樟葉駅経由が一番本数は多いが、山手幹線は渋滞しやすく遅延の心配があります。新田辺へ迂回するほうが早いかもしれません。

あるいは、松井山手を外して、

【樟葉駅】~(京阪バス32号)~【京阪八幡】~(京阪バス八幡田辺線)~【八王子】~(徒歩)~【京都岡本記念病院】~(京都京阪バス17号)~【まちの駅イオン久御山】


というルートがかえって早いかもしれません。

やや難易度の高いルートとして、

【京阪香里園】~(京阪バス14号)~【津田駅】~(京阪バス72号)~【杉】~(京阪バス89・89A号)~【松井山手駅】

【寝屋川市駅】~(京阪バス41B号ほか)~【星田駅】~(京阪バス15号)~【京阪交野市駅】~(京阪バス14号)~【津田駅】

【(摂南大学付近)葛原、点野ほか】~(タウンくる)~【京阪香里園西口】

【京阪大和田駅前】~(京阪バス21・23号)~【塚脇~四条畷駅】~(京阪バス37号)~【寝屋川市駅】

【中書島】~(京阪バス6号)~【醍醐バスターミナル】~(京阪バス83・84・86号ほか)~【四条河原町】

なども可能です。今度の改正より津田駅からの穂谷行きが30分間隔に改善されます。


4月1日ダイヤ改正で京阪バス出屋敷線【26】号経路<枚方市駅~松井山手駅>が廃止されることになりました。【26】号経路の運行ルートは、

枚方市駅北口~ひらかた市民病院~関西外大~出屋敷~既製服団地~長尾駅~きんめい台西~松井山手駅

で 、1992年9月11日開通(当初、系統番号は【21】号経路だったが2002年より【26】に変更)。枚方市駅と八幡市・京田辺市を結ぶ貴重な路線だったが、長尾駅~松井山手間は新設の枚方尊延寺線【89】【89A】号<松井山手駅~長尾駅~大阪国際大学~穂谷口~近鉄新田辺>に乗り換えることになります(【66】【82】【83】号経路は全廃)。

出屋敷線【26】号経路は、松井山手発着路線で唯一、旧・1Dayチケット(大阪版)の利用可能な系統でした。

京都京阪バス松井山手~イオン久御山系統(【17】【17A】号経路)の開通により、【26】号経路と合わせて新たな大阪(枚方)・京都間バス乗り継ぎルートに使えるものと思っていましたが、4月1日以降長尾駅で乗り換える必要が生じます。


今月限りで枚方100円バス(枚方市駅~田宮~星ヶ丘医療センター~中宮山戸町~ひらかた市民病院~枚方市駅)の運行取りやめとなる予定です。合わせて「中宮山戸町」バス停も廃止されます。

全国的にバス路線減便・廃止のニュースが相次いでいますが、枚方の100円バスは路線の編成次第でもう少し利用客が見込めそうにもかかわらず、代替路線もないみたいで残念です。例えば、

枚方市駅南口~官公庁団地~イズミヤ前~ひらかた市民病院~中宮山戸町~星ヶ丘医療センター

とすることはできなかったものでしょうか?


今春、関西外大穂谷(学研都市)キャンパスから御殿山キャンパスへの移転に伴い、京阪バス枚方尊延寺線・出屋敷線の路線ダイヤがどのように変わるのか気になります。例によって、私個人的な希望観測も含めて、予想してみたいと思います。

<枚方尊延寺線>
(昼間時間帯)
【63】枚方市駅南口~枚方公済病院~長尾駅(30分間隔)
【72】枚方市駅南口~津田駅~穂谷(30分間隔、一部天王発着あり)
【65】枚方市駅南口~大阪国際大学(60分間隔)
【66】枚方市駅南口~大阪国際大学~長尾駅(60分間隔)
【新系統】松井山手駅~穂谷~近鉄新田辺(60分間隔、一部天王経由あり)

<出屋敷線>
(昼間時間帯)
【新系統】枚方市駅北口~関西外大御殿山キャンパス
【11】枚方市駅北口~小松団地(60分間隔)
【新系統】枚方市駅北口~片鉾・中央図書館~北片鉾~小倉町(15分間隔)
【18】枚方市駅北口~藤阪ハイツ(15分間隔)
【20】枚方市駅北口~長尾駅(60分間隔)
【26】枚方市駅北口~長尾駅~松井山手駅(60分間隔)
【27】or【29】枚方市駅北口~長尾駅~ポエムノール北山~摂南大学枚方キャンパス(60分間隔)
【新系統】枚方市駅北口~長尾駅~大阪国際大学~穂谷(60分間隔)
【39】枚方市駅北口~田ノ口団地~樟葉駅(15分間隔)

<招提線>
【38】枚方市駅北口~京阪牧野駅前~ポエムノール北山~摂南大学枚方キャンパス(30分間隔での運行時間帯を拡大)
【新系統】樟葉駅~なみき~関西記念病院~国道招提~ポエムノール北山~摂南大学枚方キャンパス(【97】号の代替、60分間隔)

<樟葉長尾線>
(昼間時間帯)
【93】樟葉駅~中の池公園~招提大谷~長尾駅~枚方カントリー(30分間隔)
【95】樟葉駅~中の池公園~招提大谷~藤阪ハイツ(30分間隔)

→【93】【95】を統合し
【新系統】樟葉駅~中の池公園~招提大谷~藤阪ハイツ~長尾駅~枚方カントリー(30分間隔)
として本数半減することもあり得る?

その場合、【90】<樟葉駅~高野道~家具町2丁目南~長尾駅~藤阪ハイツ>を30分間隔に増強してほしい



P1210007

関西外大穂谷(学研都市)キャンパスが今春、御殿山キャンパスに移転のため閉校となるようです。
1984年開校以来、33年間穂谷・尊延寺地域とともに歩んできました。しかし、交通はあまり便利とは言えず、枚方市街地に近い御殿山キャンパスに移転することに決まりました。お疲れ様でした。

春期休暇に入るため、既に穂谷キャンパス関連のバス路線が事実上運行終了となっています。
今春、枚方尊延寺線の路線ダイヤに大きな変更がありそうですね(大幅減便の予感が・・・)。


PC030008


枚方営業所所属時代の三菱エアロミディ10.5m車、N-1087です。
現在、京田辺営業所に所属しています。

右側に写り込んでいる「JEANS MATE」が何気に懐かしいですね。
一時期、大阪市内を中心に関西各地にJEANS MATE店舗が広がっていたが、ユニクロ等に押されたのか、軒並み撤退しましたね。実は私・管理人もJEANS MATEでジーンズを買ったことあります。

枚方営業所所属のエアロミディ10.5m車は意外に少なく、2003年にN-1086・1087の2台のみ配置。2010年9月の樟葉長尾線の京田辺営業所移管に合わせ、2台とも同営業所へ転属しました。6年後の2016年9月、高槻営業所に新型エルガLV290投入の代替となったN-1089が枚方営業所へ転入しました。現在、枚方営業所所属のエアロミディ10.5m車はN-1089の1台のみとなっています。


京阪バス枚方営業所に所属していた日野大型車、K-RC301シリーズについて。

枚方営業所には前期型1981~82年初頭製造のグループが集中的に納車されました。該当する車両の社番は、

A-3378、3387、3388、3389、3390、3391、3392、3401、3402、3403、3404、3405、3409、3410

です。このうち、A-3387~91の5台はクーラーユニットが車両中央部に試験的に搭載されたグループ(日野車体)、A3409・3410は富士重3E、他は日野車体標準的モデルでした。

K-RC301について1982年初頭までのグループはフロントガラスが標準サイズのもので、富士重3E架装のものもありました。1982年夏~84年初頭に納車されたグループ(後期型)は、日野車体に一本化、かつフロントガラスは拡大サイズ、および前扉横に小窓、という京阪バス特注仕様となり、以前のグループに比べてスタイリッシュな印象に仕上がっていました(似たような仕様として京王帝都のRCがある)。K-RC301の後期型は路線・観光兼用のB-3460・3461を除いて枚方営業所には納車されず(1982~86年までの間、枚方営業所への日野大型車Aタイプの新製配置はごくわずかだけ)、香里団地・交野・寝屋川・門真・洛南の各営業所に配置されました。

ただ、K-RC301後期型も後年、枚方営業所へ何台か転入しました。
きっかけは、1985年12月の洛南営業所管内一般路線の枚方営業所への移管。A-3416・3417・3458の3台が洛南から転属しました。その後、1986~87年の招提線路線再編(【28】<枚方市駅~樟葉駅>系統新設、樟葉長尾線枚方カントリー乗り入れ、ほか)絡みで、寝屋川・香里団地・門真などからも転入。該当する車両は、

A-3422、3426、3430

の3台だったようです。A-3422・3426については、のちに門真営業所へ戻ったようです。したがって、最後まで枚方営業所に残った後期型RC301シリーズは、

A-3416、3417、3430、3458、B-3460

の5台ということになります。

さて、枚方に在籍していた後期型RC301シリーズについて、その運用路線がどうだったのか気になります。洛南からの転入組(A-3416・3417・3458)は、引き続き淀宇治線を中心に洛南地区路線の運用にも入っていました。洛南地区路線運用に入る車両は、招提線・樟葉長尾線・八幡地区・中書島線の運用もこなす一方、枚方尊延寺線(枚方市駅南口~津田・長尾・穂谷・新田辺方面)の運用に入ることはなかったようです(理由は方向幕・幕式運賃表のコマ数の都合と思われる)。大阪地区内転入組のA-3422・3426・3430も招提線や樟葉長尾線などに入ることが多かったようで(旧【28】号経路のイメージが強い)、末期は出屋敷線で見かけることが多かったと記憶しています。路線・観光兼用のB-3460・3461も招提線などで見かけることが多く(B-3461は寝屋川営業所へ転属)、最後まで残ったB-3460は1994年7月枚方北部地区ダイヤ改正まで招提線の運用を全うしていました。

これらいずれの車両も枚方尊延寺線の運用に入っているのを見た記憶がないのが気になるところ。尊延寺線については1986年ごろまで前期型のRC301(富士重3Eを含む)をしばしば見かけたと思うが・・・。その後は招提線・樟葉長尾線に活躍舞台が移ったようです。

DSC_0021a

京阪バス枚方営業所に1台だけ残っているブルーリボンシティ幕車、W-3821。
【66】号経路・大阪国際大学経由長尾駅行きの運用に入る貴重な光景を捕らえることができました。


かつて枚方市招提田近の枚方企業団地南側、国道1号線の脇すぐのところにあった、京阪バス「大谷橋」バス停。

「大谷橋」バス停は現在の佐川急便枚方営業所前にありました。



大谷橋には主に枚方市駅北口から京阪牧野駅経由の招提線・旧【36】【37】号経路が発着、大半の便はここで折り返していました。一部の便は大谷橋から先、家具団地や企業団地(現・中の池公園)まで行きました。

大谷橋バス停が廃止されたのは、2002年3月、枚方北部地区ダイヤ改正の時。

8年前の1994年7月改正で、枚方市駅からのバスは一部便(新【36】【37A】号)を除いて大谷橋を経由せず、国道招提を東へ直進してポエムノール北山方面行きを新設(新【37】→現【38】号経路)。枚方市駅~企業団地系統(旧【37】号経路)は廃止。代わりに循環【50A】【50B】号経路・<大谷橋~招提北町~牧野高校~京阪牧野駅~招提口~大谷橋>を新設。

大谷橋バス停廃止と同時に【50A】【50B】は廃止、わずか8年の短命に終わりました。
枚方市駅~牧野駅~招提方面系統については、現在の【38】号経路にほぼ一本化され、現在に至ります。

傍を通る樟葉長尾線は大谷橋を経由せず(代わりに「国道田近」バス停で乗降扱い)。
また、枚方バイパスを経由する旧【26】号・<枚方市駅~国道田ノ口~家具団地>なども、長尾高校生専用のためなのか大谷橋は素通りでした。




以前、昭和の頃に運転されていた京阪バス香里団地管内の快速バスについてレポートを書きました。
http://katanogawara.blog.jp/archives/19199594.html

当時、枚方営業所管内でも快速バスが結構運転されていましたが、中でも出屋敷線の快速【22】号経路・<枚方市駅~藤阪ハイツ>が平成14年(2002年)ダイヤ改正まで運行されていたことは特筆に価します。

運行経路は、

枚方市駅北口~(ノンストップ)~田ノ口~出屋敷~長尾谷町~藤阪ハイツ

で、香里団地の快速【1】号と同様に昭和57年(1982年)ごろ廃止されたのかと思いきや、平成の時代に入っても朝ラッシュ時のみならず昼間時間帯や夕方にも運行されていたようです。『京阪時刻表1995』などで確認できます。

1990年代当時の出屋敷線全体の大きな変更といえば、枚方市駅高架化事業完了に伴う禁野口→枚方市駅間の経路変更(1994年7月)などが挙げられます。経路変更に伴い、枚方市駅のおりばは南口と北口を結ぶ京阪高架下に移設されました。南北連絡道路は、のちに高槻【2】号・<香里団地→阪急高槻>(廃止)の北口乗り入れや、香里団地【1A】号・関西医大枚方病院行き(そして南口から医大病院への回送)にも活用されます。

2002年3月ダイヤ改正での快速便廃止と同時に、枚方市駅北口~藤阪ハイツ系統は【18】号経路に変更されました。


先月、京阪バス香里団地および交野営業所(北部)管内の路線ダイヤ再編私案
http://katanogawara.blog.jp/archives/19809429.html
を投稿してから、ほどなくして運転手不足や利用客減少を理由に交野市内路線を大幅縮小する意向を交野市の某議員に伝えたとのことをtwitterで知り、衝撃的でした。その内容は、

a)妙見坂・南星台方面の路線撤退
b)津田香里線を香里園~交野市駅と交野市駅~津田・河内磐船方面に系統分割

です。この深刻な現状を踏まえ、路線再編私案を練り直してみました。


1)<枚方市駅~枚方公園駅前>系統(山之上線を除く)について、【8】号経路運転の時間帯を拡大

2)【7】号経路・<京阪香里園~香里団地循環>を公孫樹通経由に変更するとともに、20分間隔に増発

3)釈尊寺団地線【10】号経路のうち毎時1本を京阪交野市駅まで延長

4)津田香里線(京阪香里園~東香里~交野・津田・河内磐船・枚方市駅方面)の系統番号を全面的に見直す、香里園~交野方面系統については昼間時間帯は<香里園~京阪交野市駅>(現【9】号経路)のみとする

5)星田線【43】【43A】号経路は、<枚方市駅~星田北6丁目~星田駅>に一本化、京阪交野市駅経由は廃止

6)<星田駅~星田北5丁目~京阪交野市駅~西倉治~交野警察署前~河内磐船駅>を新設

7)津田サイエンス線を見直し、昼間時間帯は<京阪交野市駅~さくら丘住宅~河内磐船駅~津田サイエンス方面>として運転

8)<京阪交野市駅~住吉神社前~津田駅~枚方公済病院~長尾駅~松井山手駅>を新設

9)(早バス)<香里団地→枚方市駅→阪急・JR高槻>、<津田駅→京阪交野市駅→京阪香里園>を新設


香里団地および津田香里線は20分ヘッドをベースとしているゆえ、「40分間隔」というやや時刻を覚えにくい路線系統も存在します。以前の15分ヘッドのほうがダイヤ編成は容易なように思いますが、京阪電車のダイヤは10分ヘッドをベースとしていることもあって仕方ないのかもしれません。循環【7】号経路は今ひとつ中途半端と思っていましたが、かつてのダイエースーパー系統と同様、香里園→香里ヶ丘9→公孫樹通→五本松→開成小学校→藤田川→新香里→に経路変更すると同時に、むしろ20分間隔に増強するほうがよさそうです。

津田香里線・交野南部線をはじめ交野・星田周辺の系統番号は全面的に変更するほうがよいかと思われます。例えば、

【7A】香里園~香里ヶ丘9~香里ヶ丘8(現【13】)
【9】香里園~高田~藤田川・枚方市駅(現【9A】)
【9A】香里旭ヶ丘~高田~枚方市駅(現【9A】)
【10】枚方市駅~釈尊寺団地(現【10】)
【11】枚方市駅~釈尊寺団地~交野市駅
【12】香里園~高田(現【9】)
【13】香里園~交野市駅(現【9】)
【14】香里園~交野市駅~津田駅(現【9】)
【16】香里園~高田~交野車庫
【21A】(早バス)香里団地→枚方市駅→阪急・JR高槻
【26B】香里園~三井団地~ビバモール寝屋川~寝屋川団地(現【24B】を再編)
【40】交野市駅~住吉神社前~津田駅~長尾駅~松井山手駅
【41】枚方市駅~星田北6~星田駅(現【43A】)
【62B】寝屋川市駅~観音橋~ビバモール寝屋川~星田駅~コモンシティ星田(現【45B】を再編)
【63B】寝屋川市駅~観音橋~ビバモール寝屋川~星田駅~東寝屋川駅(現【47B】)
【72B】寝屋川市駅~秦公民館前~ビバモール寝屋川~星田駅~東寝屋川駅~梅が丘(現【41B】)
【75】寝屋川団地~星田駅(現【40】)
【76】星田駅~コモンシティ星田(現【51】)
【95】津田駅~西倉治~交野市駅(現【8】)
【96】津田駅~西倉治~交野市駅~河内磐船駅(現【17A】)
【97】星田駅~星田北5~京阪交野市駅~西倉治~交野警察署前~河内磐船駅

釈尊寺団地線の交野延伸は、国道168号バイパスを経て逢合橋へ抜ける経路で良いでしょう。茄子作・釈尊寺町地区から交野駅前への通院・買い物および直Q号乗り継ぎの利便を図ります。

<交野~津田~長尾~松井山手>系統の新設は、香里園~交野方面系統の分割と同時に、津田駅の不便解消、長尾・松井山手でのバス乗り継ぎ(松井山手からは直Q号もある)の利便性アップが合わせて期待できます。

「早バス」路線の設定も期待されるところです。長尾口・出屋敷方面から高槻への「早バス」が運行中ですが、香里団地方面からの運行も欲しいところ。また、交野・東香里方面から香里園への「早バス」も現実的に考えられます(京阪交野線の始発は少し遅めなので)。


運用担当営業所の見直しももちろん必要でしょう。

香里団地循環【7】号経路がなぜか交野営業所の担当ですが、香里団地担当に持ち替えする。現【13】号・<香里ヶ丘8丁目→香里園>は香里ヶ丘8丁目付近の道路事情ゆえ中型車を使用せざるを得ず、交野担当となっていますが、これは仕方ないでしょう(【13】号経路だけのために香里団地車庫に中型車を配置するのは効率が悪い)。

<枚方市駅~高田~香里園>系統は基本的に交野営業所の担当とし、釈尊寺団地線などと共通運用を組む。枚方市駅南口のりばについて、高田・東香里方面行きは釈尊寺団地線と同じ<南3>、山之上線は<南2>に変更。

「早バス」<香里団地→高槻>系統は高槻もしくは枚方営業所の担当が最適でしょう。香里団地管内は全路線均一運賃ゆえ整理券対応でないし、かといって交野担当だと少し遠い。ちなみに<長尾口→高槻>系統および折り返しの【1A】・<JR高槻→枚方市駅>は枚方営業所の担当です。

<交野~津田~長尾~松井山手>系統は京田辺営業所の担当、<くずは~松井山手>および<松井山手~穂谷方面>系統と共通運用を組む。


昨年に続き、この夏、京阪バス枚方営業所に新車KV290が納入されています。
N-3310・3311、そして今週N-3317の納車が報告されています。

さて、枚方営業所に新たに投入されたKV290で少し気になることですが、現在のところ、なぜか枚方尊延寺線での運用が多いようです。去年秋にデビューした車両(N-3299~3303)は出屋敷線にも入っているようですが・・・。

枚方営業所のほか、N-3312は京田辺、N-3313・3314は香里団地、N-3315・3316は男山にそれぞれ配置されています。

(8/27追記)N-3318も枚方に配属されました。N-3318は本日、出屋敷線【11】号経路の運用に入っていました。


京阪バス枚方尊延寺線・出屋敷線および周辺の枚方市北東部地域路線・ダイヤなどについて、いろいろ改善の余地があると思っていますが、2017年8月現在、次のようにできないものかと考えています。

1)【70】【72】号経路・<枚方市駅南口~穂谷>を毎時各2本運転(【72】号は津田駅経由)、昼間時間帯の【62】号経路は取り止め

2)【75】号・<長尾駅~穂谷>と【25】号・<枚方市駅北口~長尾駅~大阪国際大学>を一本化、<枚方市駅北口~長尾駅~大阪国際大学~穂谷>系統とする

3)【66】号・<枚方市駅南口~大阪国際大学~長尾駅>を<枚方市駅南口~津田本通~津田山手~大阪国際大学~長尾駅>に経路変更

4)<穂谷~新田辺>系統を松井山手発着に延長、<松井山手駅~尊延寺~穂谷~新田辺>に一本化(ただし毎時1本)

5)<京阪交野市駅~西倉治~津田駅~枚方公済病院~長尾駅~松井山手駅>系統を新設

6)津田香里線【9】【9C】号経路・<京阪香里園~京阪交野市駅方面>について、京阪交野市駅行き、津田駅行き(住吉神社前経由)、河内磐船駅行き(西倉治、交野警察署前経由)を毎時各1本に(香里園~交野市駅間は20分ヘッドでの運転)

7)【19】号・<枚方市駅~長尾口>を可能なかぎり長尾駅まで延長、【20】号経路に変更

8)樟葉長尾線<樟葉駅~招提大谷~長尾谷町方面>について、昼間時間帯は【93】【95】号の2本建てに統一する、【97】号経路の代替として、<樟葉駅~なみき~牧野高校~関西記念病院~ぽえむ南橋~ポエムノール北山~摂南大学枚方キャンパス>を新設

9)招提線【38】号経路の運転間隔を基本的に30分間隔とする(土休日ダイヤの午後~夕方は40分間隔となって少々わかりにくい)

10)【90】号経路・<樟葉駅~高野道~長尾駅~藤阪ハイツ>を枚方ハイツ経由にする、家具町2丁目南~長尾駅間に停留場を新設(例:「長尾荒阪」)


問題の一つは、津田駅に発着するバスが大幅減便されて不便になった点です。

2014年4月改正で津田駅から尊延寺・穂谷方面へのバスが毎時1本に減便されました。
確かに、穂谷界隈のバスの本数は過剰気味で心配していましたが、<枚方市駅~穂谷>系統のうち、津田駅経由の【72】号経路を毎時2本にできなかったものでしょうか?

JR学研都市線津田駅の場所が、もう少し木津寄りのアルプラザ枚方付近に駅があれば、津田駅経由が容易となってバスの路線・ダイヤ編成も楽で、バス同士の乗り継ぎもしやすくなったように思います。その代わり、藤阪駅は設置されなかったかもしれませんが・・・。

そこで、交野市幾野・倉治方面から津田および長尾付近でのバス乗り継ぎ(津田西町)をしやすくするよう、<京阪交野市駅~津田駅~長尾駅>があればどうかな、と思っています。かつての【8】号経路・<交野~津田駅~穂谷>を髣髴とさせるものですが、藤阪方面長尾駅までの運行にすれば、長尾駅から出屋敷経由枚方市駅および樟葉駅方面へのバス乗継も可能となります。今や長尾駅は枚方市東部地域のバス乗り継ぎのハブと言えるでしょう。ただ、直Q京都号との連絡等を目的に、松井山手駅までの運行を望みたいところです。

この交野~長尾系統の新設を提案するもう一つの目的は、津田香里線のダイヤをわかりやすくするということもあります。現在、京阪香里園から【9】・津田駅行きと【9C】・河内磐船駅行きが交互に40分間隔で運転されていますが、「40分間隔」では中途半端で覚えにくいように思います。5)のようにすれば、津田駅から交野方面へのバスは毎時1本のみで不便になるが、交野~津田~長尾系統を毎時1本設定することで、毎時2本確保されることになります。


次の問題は、長尾台・大阪国際大学方面の路線系統見直し。

やはり【25】号・<枚方市駅~長尾駅~大阪国際大学>の尊延寺・穂谷延伸は旅客サービスおよび運用効率の観点から望まれるところです。合わせて、長尾駅東出口へ回れるよう踏切東側に西行きの「おりば専用」停留所の設置も望まれます。


このほか、津田サイエンス線の利用状況は伸び悩んでいるようで、昨年のダイヤ改正では大幅減便、2時間ほどバスの来ない時間帯も生まれました。やはり住民の移動手段はマイカーが圧倒的多数なのは否めないでしょう。河内磐船駅や津田駅東口だけでなく、京阪枚方市駅からの直通系統設定も望まれます。


運用営業所担当の見直しも必要でしょう。

樟葉長尾線【92】~【95】および【97】号経路は全便枚方営業所担当に戻す代わりに、枚方市駅北口~長尾駅~穂谷直通系統を設定する関係で出屋敷線の一部便(主に枚方市駅~長尾駅を通る系統)を京田辺営業所に割り当てる。間合いで【直通】<枚方市駅~関西外大(中宮)>の一部便も京田辺が受け持つ。【90】号・<樟葉駅~高野道~長尾駅~藤阪ハイツ>は男山営業所担当のままで良いでしょう。新設の<樟葉駅~なみき~ポエムノール北山~摂南大枚方>系統については、枚方もしくは男山営業所の担当が最適でしょう。主に小型車で運用される樟葉駅~船橋・牧野循環系統は男山に移管、【4A】【5】号と共通運用のほうがより合理的だと思われます。

山手線【30】【31】【67D】号・<樟葉駅~松井山手~新田辺>は主に京田辺担当とします(現在、基本的に【30】【31】は男山、【67D】は京田辺がそれぞれ分担している)。合わせて、新規設定の<交野~津田~長尾~松井山手>系統も京田辺営業所が受け持ち、山手線あるいは穂谷方面系統と共通運用を組みます。


参考までに周辺地域(香里団地、交野、出口方面)の路線については、

A)釈尊寺団地線【10】号経路を京阪交野市駅へ延長

B)出口線【16】号経路の路線再編、<枚方市駅北口~出口~木屋~摂南大学~仁和寺~大日駅>に変更

C)<京阪交野市駅~私市~北田原~近鉄生駒駅>系統新設(奈良交通と共同運行)

などを望みたいところです。

↑このページのトップヘ