カテゴリ:京阪バスグループ > 京阪バス(直Q・高速・リムジン・定期観光ほか)


京阪バス直Q京都号のレアな路線系統を一つ紹介したいと思います。

田ノ口(枚方市)発着の便です。

この便の特徴は、JR長尾駅に乗り入れる数少ない便でもあり、運行経路は、

田ノ口~田ノ口中央~ 出屋敷~既製服団地~長尾駅~松井山手駅~京都駅八条口

で、田ノ口~長尾駅間は一般路線バスの停留所全てに停車します。

ダイヤは

(平日)
田ノ口発    5:50、6:57、10:16、16:01、16:49
京都駅八条口発 8:05、11:20、12:50、20:15、22:10


(土休日)
田ノ口発    6:00、16:01
京都駅八条口発 13:10、22:30


長尾駅からの直Q京都号がもっとあってもよさそうですが、現在のところ田ノ口発着便のみとなっています。また、田ノ口発着にするのなら、枚方市駅まで乗り入れても良さそうな感じはするが、枚方車庫への入出庫という意味合いが強いように見えます(田ノ口発着便は枚方営業所担当)。なお、田ノ口~松井山手間のみの乗降は可能です。

枚方営業所担当便の直Qは、このほか、

ホテルUSJ~藤田川~枚方市駅(南口)~枚方車庫~高速京田辺~京都駅八条口
ホテルUSJ~高速京田辺~京都駅八条口~四条大宮(交野・河内磐船経由なし)

などがあります。


2019年10月1日より、枚方市のJR津田駅と大阪国際空港(伊丹)を結ぶリムジンバスが運行開始すると発表されました。運行会社は京阪バスと大阪空港交通。運行経路は、

JR津田駅~高速京田辺~【第二京阪・京滋バイパス・名神】~名神高槻~大阪国際空港

で、一旦京都府に入る遠回りルートのように見えるが、高速道を走行するので所要時間は約60分です。

今回の津田大阪空港線のニュースには驚かされました。まず、なぜ枚方市駅や樟葉駅、長尾駅、松井山手でもなく津田駅が選ばれたのかが気になります。過去に枚方市駅・樟葉駅・松井山手と伊丹空港を結ぶリムジンバスが運行されたこともあるが、惜しくも短命に終わりました(当時は京滋バイパス久御山~大山崎間開通前だったので、R1枚方バイパス~近畿道経由)。津田駅発着となった理由として、まずJR学研都市線沿線からの集客は容易に推測できます。ほかに、駅前周辺の道路環境が比較的良いということでしょうか。すなわち、津田駅前は長尾駅前ほどの渋滞は起こりにくく、高速道に入るまでのルート(倉治から回って学研枚方南IC)も比較的短いと。近隣の交野市内からの利用も意識しているものと思われ、京阪交野市駅までの延伸も視野に入れているのかもしれません。また、近い将来、新名神高槻~八幡京田辺間が開通すれば、そちらに経路変更することは想像に難くありません。

https://www.keihanbus.jp/news/sysimg/00580/link_QOc9K.pdf


2019年9月20日~11月24日の期間限定(毎日運行)で、高速バス京都高野山線が新たに運行されることになりました。運行会社は京阪バスと南海りんかんバス。

運行本数は午前・午後各1往復、所要時間は2時間40分。停留所は、

京都駅八条口
高速京田辺
奥の院前(高野山)

の3箇所です。

https://www.keihanbus.jp/news/sysimg/00558/link_1PD0m.pdf

京阪神から高野山への交通は、鉄道(南海高野線)が主ですが、高野山まで直通する列車は少なく不便です。高速バスがあってもよさそうですが、やはり道路の整備が遅れていたために、なかなか実現に踏み切れなかったものと思われます。

今回新設される京都高野山線は、京都・高野山の2大観光地を結ぶため、双方を移動する観光客の需要は当然見込めるでしょう。新幹線から高野山への直通利用も考えられます(新幹線からの場合、新大阪・なんばで乗り換えが必要、さらに南海の高野山直通列車は少ない)。

走行ルートも気になるところ。おそらく、

第二京阪~近畿道~南阪奈・大和高田BP~京奈和道~国道480号

と予想できます。下界から高野山へ分け入る国道はR370・371・480の3本があるが、R371は狭隘酷道のため選択肢から外されるでしょう。


P5190021

枚方市杉4丁目・長尾台3丁目にある「大阪国際大学」バス停。

長尾と杉・尊延寺方面を長尾台住宅・杉山手経由で短絡する府道17号沿いに面しています。この付近には、国際大学のほか、杉中学校、菅原東小学校もあり、学校が密集しています(ただし、大阪国際大学枚方キャンパスは、守口キャンパスに移転する予定)。また、枚方公済病院にも近く、漢字博士で知られる王仁博士の墓(伝王仁墓)もあります(「長尾台住宅」バス停のほうが近い)。

もともと、この府道を通るバスが開通したのは比較的遅く、1986年に初めて出屋敷線【25】号経路・<枚方市駅北口-長尾台住宅>を新設。その後、大阪国際大学枚方キャンパス開校に合わせ、大阪国際大学まで延長しました。同時に、枚方尊延寺線【15】号(→【65】号)・<枚方市駅南口~大阪国際大学>も開通。そして、1999年には、長尾駅と穂谷を大阪国際大学経由で結ぶ【41】号経路(→【75】号)を新設。

現在、大阪国際大学バス停には、

【25】枚方市駅行き(長尾駅・出屋敷経由)
【65】枚方市駅行き(津田西町経由)
【75】【89】【89A】【89B】【89C】松井山手駅行き(長尾駅経由)
【75】【89】【89A】【89B】【89C】穂谷・近鉄新田辺行き
【直Q】京都駅八条口行き

が発着しています。大阪国際大学・終点となるバスは、バスロータリーで折り返します。穂谷・新田辺行きのバスもロータリー内に乗り入れています。(新田辺・穂谷から)松井山手駅行きのりばのみ、府道上に設置されており、ロータリーとは向かい側です。したがって、長尾駅方面行きのバスは、始発の【25】とほか(新田辺・穂谷発)では、のりばが府道を挟んで少し離れており、少々わかりにくい気もします。新田辺からのバスもロータリー内で乗降扱いをできないものでしょうか?

それと、直Q京都号の国際大学折り返しは、今一つ中途半端なように思います。おそらく第二京阪の入口に近く、京田辺営業所への回送も兼ねているのだとは思いますが、津田くにみ坂・津田駅などへの乗り入れが望まれるところでしょう。


意外に地味なニュースですが、本年5月15日より、京阪高速バス「東京ミッドナイトエクスプレス京都号」(枚方・京都~東京)(関東バスと共同運行)が東京駅丸の内・大手町へ延伸しました。

東京駅丸の内・大手町は大手銀行・商社・メディアなどの本部・本社が立地しており、ビジネスワーカーの深夜移動の実現、また東京国際空港へのアクセスも抜群で、インバウンドを含めた観光ほか、さまざまな目的での利便性向上が狙いだとされています。

https://www.keihanbus.jp/pdf/kks/highway/highway_20190509_shibuya_shinjuku_tokyo_otemachi.pdf

今年で枚方新宿線開通30周年を迎えます。 1989年(平成元年)12月でした。京阪沿線から東京都心へ一本の高速バスで結ばれるとは、夢のようでした。当初は京都市中心部への乗り入れはなく、京滋バイパス直行だったが、ほどなく京都駅八条口・三条京阪経由に経路変更。平成初期、これとは別に、京田辺・宇治経由の便も設定されるが、2008年ごろまでに廃止(末期には、京田辺乗り入れを廃止、高槻・樟葉・宇治経由という複雑なルートになる)。京都駅・三条京阪・山科駅経由に一本化されました。

枚方からの高速バスは、このほか福岡・長崎・熊本系統や徳島線(寝屋川市駅経由)も設定されるが、軒並み廃止され、東京ミッドナイトが残るのみとなっています。


京阪バス直Q京都号は、主に

京都駅~松井山手駅・大阪国際大学(京都松井山手線)
京都駅~河内磐船駅~京阪交野市駅~なんばOCAT(京都交野なんば線)

の2系統で運行されていますが、他に摂南大学北口・京田辺市役所・長尾駅・枚方市駅などを経由する便も存在しており、少々複雑になっており、系統番号の導入が必要かもしれません。

ここでは、1往復のみ運行の

京都駅~枚方市駅~ホテル京阪USJ

についてレポートしたいと思います。

この系統の停留所は、

京都駅八条口~大石橋(九条駅)~十条駅~十条油小路~高速京田辺~枚方車庫~枚方市駅南口~藤田川~USJ~ホテル京阪USJ

であり、早朝の大阪行き1本(京都駅6:50、枚方市駅7:45)、夜の京都行き1本(ホテル京阪USJ19:58、枚方市駅21:07)のダイヤとなっています。土曜・休日ダイヤは、

枚方車庫~ホテル京阪USJ

間に運行区間が短縮されます。

この京都駅~枚方市駅~USJ系統は、枚方市駅および香里団地に乗り入れているのが特徴的です。(京都交野なんば線)の扱いとなっているが、河内磐船駅・京阪交野市駅・なんばは通りません。枚方・交野市内区間の一般道走行ルートは、

枚方東IC~(バイパス)~【枚方車庫】~(R1)~(r139)~【枚方市駅南口】~【藤田川】~交野南IC

であり、枚方市駅~交野南IC間の大半は釈尊寺団地線【10】号経路と重複しています。運用担当も枚方営業所となっています(京田辺営業所が基本的だが、一部系統は枚方営業所が担当)。

香里団地乗り入れの直Q京都号がもっとあってもよさそうですが、以前、山科急行線の<醍醐寺~京都駅八条口~京阪香里園・新香里>が運行(季節臨時)されていました。藤田川バス停は、一時期直Q京都号と山科急行線の両方が止まるバス停となっていました。
 


既報の通り、本年4月1日より京阪バス八幡・京田辺地区(旧・京阪宇治交通エリア)の運賃改定が実施されます。合わせて、直Q京都号の運賃も変更(値上げ)されます。

https://www.keihanbus.jp/pdf/t2019/local_20190311.pdf

男山・京田辺営業所管内運賃(4月1日より)
https://www.keihanbus.jp/local/pdf/fare_otokoyama_tanabe_20190401.pdf

枚方営業所管内運賃(4月1日より)
https://www.keihanbus.jp/local/pdf/fare_hirakata_20190401.pdf

主な変更点は、

○樟葉・男山地区運賃220円を大阪地区1区230円に統合

○八幡市・京田辺市内対キロ制運賃を大阪地区区間制運賃に変更
(特区200円、1区230円、2区260円、3区280円)

○地区定期券に「樟葉地区」「八幡地区」「松井山手地区」「京田辺大住地区」プランを新設

○「スーパーワイドプラン」(大阪・京都・滋賀地区、直Qが利用可能)新設
https://www.keihanbus.jp/local/ic/pdf/pitapa_area10_20190401.pdf

です。旧・京阪宇治交通エリアにおける短距離の運賃は、初乗りが200円または230円に値上げとなる反面、長距離の利用では、例えば

樟葉駅~松井山手駅  260円
樟葉駅~近鉄新田辺  280円
京阪八幡~近鉄新田辺 280円

のように、値下げとなります。

ほかに気づいた点として、

○【89】号 <近鉄新田辺~穂谷口~松井山手駅> の全区間通しは1区230円
(新田辺~長尾駅間は2区260円)

○【32】号 <樟葉駅~京阪八幡>の運賃は全区間1区230円(「樟葉地区」定期の範囲は、樟葉駅を中心に京阪八幡・本郷・長尾駅・田ノ口団地・北片鉾・三栗までをカバー)

○招提線【87】号<樟葉駅~北片鉾>に「牧野本町」バス停新設

○「東寝屋川駅」バス停の名称がそのまま

などが挙げられます。



2016年より試験運行の京都けいはんな線(京阪バス、奈良交通の共同運行)ですが、10月1日より本格運行することになりました。

本格運行開始後のダイヤは、現行と同じ平日の朝・夕それぞれ4便の運行です。経路も第二京阪~新名神~京奈和道経由と変化はありません。


けいはんな-京都駅 直通バスが10月から本格運行、最速46分
https://www.sankei.com/west/news/180828/wst1808280014-n1.html


一昔前までは「京都ナンバー」の京阪バスは大阪府内であまり見ることはありませんでした。各営業所に貸切専用として常駐していたCタイプ車、枚方営業所に常駐していた復活ボンネットバス(C-5001)および枚方発着の高速バスぐらいだったかと思います。

しかし、京阪宇治交通と合併後、大阪府内においても京都ナンバーの京阪バスがごく当たり前の光景となりました。旧京阪宇治交通の男山・京田辺営業所の一般路線車運用範囲は、枚方市北部・東部の樟葉・藤阪・長尾などに及んでいます。特に京田辺営業所については、枚方市駅・津田駅・穂谷のほか、津田サイエンス線で交野市内の河内磐船駅まで顔を出しており、間合いで一時期交野管轄【17A】号・<津田駅→京阪交野市駅→河内磐船駅>を担当したこともあります。

京田辺営業所は一般路線のほか、第二京阪を走行する直Q京都号も主力路線であり、松井山手・大阪国際大学・交野に加え、近畿道~阪神高速東大阪線経由大阪市内のなんばOCATやUSJまで日常的に乗り入れています。

男山営業所の特定車B-3998(京都200か2353)は枚方市総合福祉センターのバスとして使用され、枚方公園や香里団地にも姿を見せており、香里団地車庫で待機したこともあるようです。

なお、枚方営業所の担当だった樟葉中書島線(廃止)の開通当初(1983年)、山科営業所所属の車両が京都ナンバーのまま運用に就き、樟葉駅まで顔を出すという謎の記録も報告されています。樟葉駅では藤阪ハイツ行きの方向幕も出しており、枚方営業所への貸出の可能性が強いと思われます。
http://katanogawara.blog.jp/archives/23776714.html



京阪バス・阪急バスが共同で高速バス<京都~有馬温泉>系統を2月25日より運行開始する予定です。

https://www.keihanbus.jp/news/sysimg/00310/link_lkG1n.pdf

運行経路は

京都駅八条口~名神高槻~(名神・中国道・阪神高速)~有馬温泉

で、運行本数は京阪・阪急とも各4往復。

今春、新名神が神戸JCTまで開通する予定で、開通後新名神~六甲北有料道に経路変更することも考えられそうです。



京都駅とけいはんな学研都市を結ぶバス(京阪バス、奈良交通)ですが、10月2日より新名神高速経由に変更となる予定です。

https://www.keihanbus.jp/announcement/detail.html?news_id=248

第二京阪~八幡京田辺JCT~<新名神>~城陽JCT~学研都市という経路に変わります。

これにより所要時間は約5分の短縮、運賃は据え置きです。

新しい共通回数券も発売(9月15日より)、来年9月30日まで利用可能です。



京阪バス枚方営業所は車庫の規模(収容台数)が最も大きく、一般路線のほか関西空港リムジン専用車も配置されている。また、枚方発着高速バス(東京方面)の終点でもあり、関東方面からやってきた高速車は日中、枚方車庫で休む。

一般路線バスでは、現在枚方市駅を拠点として枚方市北部・東部を中心に担当している。

P1150001
枚方市駅北口からは出屋敷・長尾・くずは・牧野方面の路線が発着

PA300001
枚方市駅南口からは津田・長尾・穂谷方面系統が発着
ほかに「100円バス」や直Q京都号、クボタ送迎バスも乗り入れる

かつては枚方尊延寺線で新田辺とか(京阪宇治交通の樟葉・男山・八幡進出以前、八幡田辺線の運用にも入っていた)、樟葉駅から八幡・中書島方面、さらに一時期洛南営業所が担当していた淀・宇治・山崎・竹田方面の路線も広域運用をこなしていたし、交野営業所開設(1978年)以前は【16】・<枚方市駅~寝屋川市駅>や星田・四條畷方面、そして私市~田原地区~大和田など、やはり広範囲の運用を受け持っていた。

P9020013
かつては八幡地区の路線も担当していた

20071028122
新田辺で発車を待つ【81】天王・穂谷行き(W-3850)
現在、京田辺営業所が担当

しかし、現在の枚方営業所の一般路線運用範囲はさほど広くはなく、枚方市駅発着路線が主力となっている。
以前、八幡・中書島・京都南部方面の路線を受け持っていたときは中型車(三菱エアロミディ)も多く配置されていたが、現在大型車(ノンステップ)が大部分を占めている。大型車は旅客需要の高い枚方市駅北口発着の出屋敷線(関西外大・北片鉾・藤阪ハイツ・長尾駅・くずは方面)、および南口発着の尊延寺線(星ヶ丘病院・津田・長尾・穂谷方面)で主に運用されている。尊延寺線は以前、全て枚方営業所が受け持っていたが、津田駅・長尾駅以東~新田辺系統については基本的に京田辺営業所の担当となっている。

異色の路線系統として、早バス・<長尾口→枚方市駅→阪急・JR高槻>と折り返しの【1A】・<JR高槻→枚方市駅>がある。また、ユニークな「100円バス」(枚方市駅~田宮~星ヶ丘病院~ひらかた市民病院~枚方市駅)の運用にも入る。このほか、毎年正月3が日のみ運行の臨時・八幡山崎線もBタイプ車運用により担当している。

P1020011
【臨時】八幡山崎線も担当(B-1236)

中型車(10.5m長尺車を含む)は、主に枚方市駅北口・樟葉駅から牧野・招提方面系統(【38】【87】)で使用されている。以前は樟葉長尾線と共通運用だったが、こちらも大半の便は京田辺営業所に移管されている。長尺10.5m車はたまに尊延寺線や出屋敷線の運用に入ることもある。

P7250002
招提線【38】号経路の運用を担当するレインボー・ロング
(枚方市駅北口にて)

小型車も配置されており、樟葉駅発着なみき・招提・牧野方面(【84】【87】)系統にて使用されている。以前は津田サイエンス線も担当していたが、やはり京田辺営業所に移管されている。また、車両需給の関係で、時々香里団地営業所管内【い】【ろ】系統に貸し出されることもある(【い】【ろ】の行先表示コマも入っている)。

P5290022
【87】号の運用に入るエアロミディ(N-1144)
小型車と共通で運用されている

関空リムジンでは寝屋川・枚方線を担当している。今月28日のダイヤ改正より守口線も門真営業所から移管される模様だ。

さらに直Q京都号の一部便も補完している。入出庫を兼ねた田ノ口~長尾駅経由の便と、USJ~香里団地~枚方市駅~枚方車庫~京都駅系統、そして京都市中心部の四条河原町・四条大宮・二条駅発着便は、枚方営業所の担当だ。


今月28日に、京阪沿線発着関空リムジンバスのダイヤ改正が実施されます。
改正後のダイヤが京阪バス公式ページで発表されています:

https://www.keihanbus.jp/limousine/

ざっと見たところ、守口系統では門真団地発着の廃止、枚方・寝屋川系統では増便される一方で樟葉駅乗り入れの大幅減便、などが実施されるようです。

門真団地発着が運行されるようになったのは、一昨年2015年で、門真車庫への入出庫を兼ねてのものだと思われるが、やはり利用客が少なかったのでしょうか?

それよりも、樟葉駅乗り入れの減便が気になりました。現在、樟葉駅発は3本、同駅着は5本の運行ですが、改正後は樟葉駅発2本、同駅行きは1本のみとなります。

枚方市からのリムジンバスは、京阪枚方市駅から少し離れたラポール枚方前に発着しているが、大きな荷物を抱えて歩かされるのは問題でしょう。南口4番のりばからの発車も不可能ではないと思うのですが・・・。


一時期、枚方市内から大阪(伊丹)空港へのリムジンバスが運行されていた。
運行経路は、

松井山手駅~樟葉駅~枚方市駅(ラポール枚方)~大阪空港

で、2004年に運行開始、京阪バスと大阪空港交通との共同運行だった。2004年当時の時刻表が「SEA HAWKのページ」に残っている。
http://motor.geocities.jp/seahawk_bus/infor10.htm

毎時1本あたり運転されていて便利だったが、2008年12月、運転取り止めとなる。

京阪沿線から伊丹空港へは、門真市から大阪モノレールに乗るのが一番早い。準急の門真市停車を望む意見も多いが、そのためにはホームを島式に改造するなど大掛かりな工事が必要となろう。普通(各駅停車)の半数は萱島折り返しで、寝屋川市以北から門真市駅へ1本の電車で行くのは少々難しいダイヤとなっている。

大阪モノレールは、近い将来、門真市から南側、東大阪市まで延伸して近鉄奈良線と接続する計画がある。


枚方から関東への夜行高速バスといえば、まず枚方市駅北口~新宿線(京阪バス、関東バス)がある。運行経路は、

枚方車庫~枚方市駅北口~樟葉駅~京都駅八条口~三条京阪~山科駅~渋谷マークシティ~バスタ新宿

で、1989年の登場以来、経由地変更などを繰り返しながら今まで継続している。以前は、これと別に京田辺・近鉄大久保・宇治を経由する便もあったが、その後、枚方車庫~阪急・JR高槻~枚方市駅~樟葉駅~宇治~新宿という少し複雑な路線に代わるも、短命に終わる。阪急・JR高槻から関東への夜行バスは現在運転されていない。

実は、京阪の枚方新宿線と別に、東京ディズニーランドへの路線も枚方市駅北口から発着している。ただし、それはWILLER TRAVELによる運行、運行経路は

枚方市駅北口~京都駅八条口~草津駅東口~彦根駅西口~川崎駅~東京駅~TDR

である。

http://www.hira2.jp/quiz/bus-20161021.html


第二京阪の京田辺パーキングエリアに「高速京田辺」バス停がある。
高速京田辺へはJR学研都市線の松井山手駅から約350mのところにある(駅から徒歩またはバス)。

高速京田辺には、京阪バス直Q京都号(京都交野なんば線)、京都東大阪特急(大阪バス)のほか、名古屋・静岡・長野・新潟・関東および南紀白浜方面への高速バスも停車し、学研都市線沿線から全国各地への高速バス利用者の便宜を図っている。高速バスの運行事業者は、西日本JRバス、南海バス、明光バス、大阪バスなど。特に南海高速バスの大半が第二京阪経由で京田辺バスストップに停車するのは意外だ(阪急・近鉄は名神経由)。あと、東京~京都・奈良・王寺系統(西日本JRバス)も高速京田辺に停車する。

京阪バス直Q京都号でも、松井山手駅・大阪国際大学発着系統は「高速京田辺」に止まらないので注意。そもそも、「高速京田辺」という名称では、間違いやすいのではないか。京田辺市街地とはかなり離れており、学研都市線の京田辺駅で降りたらえらいことになる。副名称に「松井山手」ぐらい入れたほうが良いだろう。

「高速京田辺」へは、一般路線バス利用で「高速京田辺前」下車。近鉄新田辺・松井山手駅から【66A】【66B】号経路などに乗車する。


第二京阪を経由して京都駅方面を短絡する京阪バス直Q京都号は、基本的に

京都駅八条口~松井山手~大阪国際大学 <京都松井山手線>
京都駅八条口~河内磐船・京阪交野市駅~なんば(OCAT) <京都交野なんば線>


の2系統が運行されている。このバリエーションとして、京田辺市役所・田ノ口・関西外大学研都市発着があり、京都市内では四条河原町・四条大宮・二条駅発着、大阪市内ではUSJまで乗り入れる便もある。本記事では、香里団地・枚方市駅を経由する便について簡単レポートする。

該当する系統は、

ホテル京阪ユニバーサルタワー~USJ~藤田川~枚方市駅南口~枚方車庫~高速京田辺~京都駅八条口

で、早朝の大阪行きと夜の京都行きの1往復だけ運転されている。<京都交野なんば線>の扱いだが、なんばOCATは通らず、枚方市内の走行ルートは、交野南ICでおりて、【10】号・釈尊寺団地線の経路に従って藤田川(香里団地車庫前)に停車、枚方市駅南口では4番のりばから発車、枚方車庫に停車したあと、枚方東ICから再び第二京阪に入って京都方面へ向かう。枚方営業所が運用担当している。

早朝にUSJ行き、夜に京都行きが設定されていることから、京都よりもUSJへの観光・行楽客を意識しているものと考えられるが、利用状況は・・・。

枚方営業所担当の直Qとして、ほかに、

田ノ口~長尾駅~松井山手駅~京都駅・二条駅
ホテル京阪ユニバーサルタワー~USJ~高速京田辺~京都駅八条口(~四条大宮)

がある。田ノ口発着便については、枚方市駅北口まで乗り入れても良さそうだ。

直Q京都号も系統のバリエーションが増えて、少しわかりにくくなっているように思う。一般路線と同様に系統番号を設定したほうがよさそうだ。


2008年の新名神高速・亀山JCT-草津田上IC間開通を機に、京都から三重県方面への京阪高速バスが運行されるようになった。次の3路線系統

京都-伊勢
京都-津
京都-四日市

が新設され、三重交通・近鉄バスと3社で共同運行体制が敷かれる。京都市内では京都駅八条口(ホテル京阪前)と五条京阪に停車する。

京都伊勢線の新設は、近鉄の京伊特急にも大いに影響を与えたものと思われる。2012年の近鉄ダイヤ改正で京伊特急は大幅減便、京奈・京橿特急が大和西大寺まで併結という運行体系となった。しかし、2014年秋、京都「しまかぜ」が新たに設定され、京伊特急復活への布石として期待されている。これとは対照的に、高速バス京都伊勢線は2014年3月に運行終了となった。

京都-津・四日市系統については、鉄道では遠回りでやや不便なこともあって重宝されている。鉄道では遠回りの近鉄よりもむしろJR(関西本線・草津線経由)のほうが多いようだ。所要時間ではJRは普通列車のみで乗り換えは多いが、運賃は近鉄特急利用(大和八木乗り換え)とあまり変わらず、所要時間も距離が短い分、近鉄特急とほぼ互角だ。日帰りも十分可能で、「青春18」シーズンにはJRで往復すると非常にお得だ。

現在、近鉄バスは京都・三重高速線から撤退しており、京阪バスも四日市系統のみを担当している。

かつては、京阪・阪神・近鉄・南海など民営の路線バス(高速バス、深夜バスなどを除く)も大阪市内に乗り入れていた。しかし、慢性的な道路渋滞および地下鉄の郊外延伸などにより、大阪市内から余儀なく撤退することになった例が多い。現在も阪急・近鉄バスが大阪キタの梅田まで乗り入れているが、近鉄バス(阪奈生駒線)は先日のダイヤ改定で本数が減らされ、今年12月からは年1本だけになる予定だ(一方、上本町~あべのパスカルを結ぶ路線が新設され、上本町界隈ではがんばっているようだ)。

さて、京阪バスはどうか。

かつては、本町・天満橋から三条京阪までの京阪急行線があったが、道路渋滞の影響を受けやすいため寝屋川・枚方などで系統分割され、その後跡形も無く廃止されたものも多い。その残滓であろう【1】号経路・<京阪京橋~寝屋川市駅>が近年まで乗り入れていたが、2008年に廃止される。

現在でも大阪市内を通る系統がある。その一つは【9A】号経路・<京阪守口市駅~JR吹田>。淀川両岸の守口市と吹田市を結ぶ郊外都市連絡路線だが、途中大阪市東淀川区をぶった切っている(中央環状線こと国道479号線)。なお、守口市内の「土居」バス停すぐのところに大阪市営バス守口車庫がある(守口車庫所属車両のみ大阪ナンバー)。地下鉄谷町線の守口・大日延伸の影響もあって、守口地区の京阪バス路線はあまり元気がない。

このほか、京阪守口市駅から寺方・鶴見緑地方面への守口南部線【19】【29】【30】号も、大阪市鶴見区と守口市との複雑な境界を掠っている。なお、「鶴見緑地」バス停は地下鉄鶴見緑地駅前に設置されており、もちろん鶴見区にある。

大阪市内を通る京阪バスといえば、北東の郊外縁辺部のみ細々と走る路線系統(全て寝屋川営業所管轄)ばかりだったが、2012年よりなんば(OCAT)やUSJにも堂々と乗り入れるようになった。それは「直Q京都号」であり、使用車両および走行経路からして高速長距離バスの範疇に含めてもよさそうだが、京阪バス当局においては一般路線扱いになっているそうだ(ただし、「1Dayチケット」などは使用できない)。

なんばからの直Q京都号は、第二京阪経由、京阪交野市駅・河内磐船駅・高速京田辺などに停車し、京都駅八条口まで行く(ほかに京田辺市役所発着便もあり)。かつて近鉄特急で難波~京都系統(阪京特急)があったが廃止された。大阪市内からの直Q京都号は、ほかにUSJ発着系統もあり、交野には寄らずに香里団地・枚方市駅・枚方車庫を経由したり、あるいは京都駅からさらに四条烏丸や四条大宮まで行く系統もあったり、バリエーションが増えて少しわかりにくくなっている。運用担当は主力の<なんばOCAT~京都駅>系統は京田辺営業所だが、USJから枚方市駅経由および四条大宮行きなど一部の便は枚方営業所が受け持っている。

P7150005
直Q京都号京都交野なんば線
(京阪交野市駅にて)



20080713398

今年3月に廃止された京阪高速バス・枚方徳島線。徳島バスと共同運行でした。
2003年に新設され、去年春には南茨木駅にも停車するようになったが、それでも利用状況は好転しなかったようでした。京阪バス便の運用担当は高槻営業所でした(一時的に枚方営業所が担当していたのかな?)。

そもそもなぜ枚方と徳島なのか今ひとつわかりませんが、夏の阿波おどりを見に行くときに枚方徳島線を利用された京阪沿線住民も少なくないと思います。実は私個人的に、「青春18きっぷ」での高松・さぬきうどん巡りの帰りに、高徳線で徳島まで出て、枚方行きのバスに乗ってみたいと思ったことがあります(単純な瀬戸大橋経由の往復では、相生-岡山間の混雑もあるし、疲れて面白くないので。でも姫路の「えきそば」、岡山の名物駅弁・祭すしなど、B級グルメめぐりの楽しみはある)。




↑このページのトップヘ